「砂時計のようなランプ」のデザイン&機能がステキ!

「質のいい睡眠を取りましょう」といわれるけれど、それってなかなか難しい......。そこで生まれたアイデア製品がコレ。

まるで砂時計のようなフォルムで柔らかな明かりが広がるランプ「The Time Machine Table Lamp」は、今年、韓国の国際的なデザインコンペ「K-Design Award」で賞を獲得したプロダクトだ。

このランプ、真ん中が回転軸になっており、両端に暖かい色味のLEDライトを搭載。スイッチを入れると上半分のライトが点灯し、砂時計の砂の粒が下に流れるように、明かりが次第にぼんやりとしていき、下半分のライトが点灯し始める。

上から下に明かりが移動するのにかかる時間は約30分。回転させると簡単にリセットできる。

就寝前の読書時のベッドサイドランプとしてや、 なかなか決まった時間に寝ることができない人向けのソフトなタイマーとして活躍しそうな無駄のないアイテムだ。

© 任堋/YouTube

The Time Machine Table Lamp

【製作者】Ren Peng

【問合せ】1570770213@qq.com

Top image: © 2020 Ren Peng
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
砂時計の要領でポタポタ……。
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
イスラエル発のカスタマイズ可能なランプ「PersonaLight」のクラウドファンディングが開始。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
「IKEA」と「SONOS」がコラボレーションし世界中で話題となった「SYMFONISK テーブルランプWiFiスピーカー付き」がついに日本で発売。
喫煙者ではないので、一度も灰皿に興味を持ったことはないのですが、これは素直にカッコイイと思いました。耐熱ガラスとステンレスを組み合わせた「BP.」のASH...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。