日本人では発明できなかった、新しい「急須」のカタチ

お茶を飲むことで、リラックスしたり気分を切り替えたりするという人は、「お茶を淹れる時間」が好きなことが多いですよね。湯を沸かし、茶葉を急須に入れて蒸らし、抽出するうちに、心を落ち着かせるようなお茶の香りが次第に漂ってくるこのひととき。

でも実際のところ、お茶の抽出時間ってよくわからなくないですか?

急須の中で茶葉が膨らんでいるのはわかるけど、もうちょっと視覚的にティータイムを楽しみたい!
と、そんな風に思うこともあります。

デザイナーのPengtao Yuさんは、非常にシンプルながらも、正確な抽出時間で美味しいお茶が楽しめるドリッパーを開発しました。

見て楽しい、飲んで美味しい
「効率的」なティータイム

 

アメリカのインダストリアルデザイナーPengtao Yuさんが現在開発中の緑茶ドリッパー「tea-time」です。なんだかボヤッとした写真……。実は、商品化前のためCG画像なのです。

砂時計のような形状が特徴的ですよね。構造としては、上部で茶葉と湯が混ざり、抽出されたお茶が下のビーカーに落ちてくるというもの。まさに砂時計の発想と同じ。

真ん中のタイマーを捻って抽出時間を設定することができます。

私たちが普段お茶を入れるとき、わざわざタイマーを持ち出したり、面倒臭がり屋ならば適当な感覚で計ったりしますが、「tea-time」は急須とタイマーが一緒になっているので誰でも簡単に、美味しいお茶が淹れられるのです。

日本人にとってお茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強いため、このようなドリップ方法はまさに目から鱗。でもコーヒーや紅茶をサイフォンなどで淹れることを考えると、あまり変わらないのかもしれませんね。いずれにしてもオシャレで効率的。発想の勝利と言えるでしょう。

湯の中で茶葉が舞って美味しいお茶ができあがるのを、目でも楽しめる「tea-time」。砂時計を見つめるように、お茶ができるのをじっくり観察していると、次第に心が落ち着いてきてなんだかリラックスできそう。

いつかこのドリッパーで淹れたお茶を楽しんでみたいところですね。

 

Licensed material used with permission by Pengtao Yu
砂時計の要領でポタポタ……。
毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
銀座の〈煎茶堂東京〉から発売されている急須は、ちょっとした衝撃です。取っ手もないし、透明だし、サイズも手の平に乗るぐらいコンパクト。こんなにシンプルでいい...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
自転車乗りってコーヒー好きが結構多いんですよね。“こだわると深い”みたいなところが、似ているんでしょうか。僕もその一人です。自転車でコーヒーショップを回っ...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
喫煙者ではないので、一度も灰皿に興味を持ったことはないのですが、これは素直にカッコイイと思いました。耐熱ガラスとステンレスを組み合わせた「BP.」のASH...
シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?