流行りに乗って「お茶ミル」

流行りっていうと語弊があるかも。一過性ではない気がするし。とにかく日本茶が注目を集めてる。で、興味をひかれたのが、お茶ミルだ。

見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。

さて、コーヒーはそこからドリップする作業があるけれど、粉末茶はそのまま水に溶かすだけで飲める。別にドリップするのが面倒だとは思わない。でも、粉末茶が手軽なのは間違いない。

個人的には氷水やミルクで溶かすのが美味しいと思ってる。まあそこは人の好み。アイスクリームやご飯にかける人もいるらしい。

使ってるのは〈PORLEX(ポーレックス)〉の「お茶ミル・Ⅱ」。細かく挽くことができると評判の品。納得。

64956464627712005965613138706432

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
銀座の〈煎茶堂東京〉から発売されている急須は、ちょっとした衝撃です。取っ手もないし、透明だし、サイズも手の平に乗るぐらいコンパクト。こんなにシンプルでいい...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
奈良県で茶畑を育てる「健一自然農園」の伊川健一さんのインタビュー、最終回。農業に目覚めたきっかけや、一風変わった高校時代の過ごし方、茶畑を始めた頃の苦労話...
2015年10月26日(月)に株式会社伊藤園から発売されたのは、私たちにはお馴染みの、“あのシリーズ”の新商品。その名も「お~いお茶 玉露」です。ただしコ...
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
近年、アウトドア好きや料理好きに人気を博している「燻製」。チップや専用のグッズを買ってくる必要があると思いきや、そんなことはありません。お茶を飲んだ後の「...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
前編ではお茶の工場を案内してくれた「健一自然農園」の伊川健一さん。次に案内してくれたのは健一自然農園が栽培・管理している茶畑でした。ここで伊川さんは、使わ...