「コーヒーみたいに気軽に緑茶が飲める場所があったらいいのになぁ」と思ってたら、夢が叶った!

毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。

起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好きです。カフェインも含んでいるから、目覚めの一杯にもふさわしいと思います。

ほんとうは日中だって、ちょっと気分を切り替えたい時に、気軽に緑茶が飲めたらいいんだけど、カフェやスタンドはどこもコーヒーや紅茶ばかり...。(コーヒーも紅茶も好きなんですけどね)

しかたなく緑茶は家限定でと思っていた私のもとに、うれしい春のニュースが舞い込んできました。

コーヒーやカクテルのように日本茶が楽しめます。

今年の4月中旬、鎌倉駅西口の御成町に日本茶のセレクトショップ〈CHABAKKA TEA PARKS〉がオープンするのだそう。

日本茶は、器や温度、茶葉の量、抽出時間によっても味わいが変わる、繊細な飲みもの。

CHABAKKA TEA PARKSでは、急須で淹れたお茶だけでなく、ハンドドリップやプレスで抽出したお茶や、カクテルのようにシェイカーを振って抽出したお茶など、淹れ方から自分で選ぶことができちゃうんだそうです。

一杯一杯その場で淹れてくれるのはもちろんのこと。

取りあつかう日本茶は、煎茶・抹茶・玉露・ほうじ茶・釜炒り茶・和紅茶・和烏龍茶の7種類。その年の初めに収穫された一番茶やオーガニック栽培の日本茶ばかりがセレクトされていて、どれも希少価値が高くて高品質な日本茶ばかりなのだそうです。

ビールのような「新感覚の緑茶」も。

そして、「ドラフトティー」というちょっと変わり種の緑茶も。ビールサーバーから窒素をたっぷり含ませながら注ぐ、クリーミーな泡が乗ったビールのような水出し煎茶だそう。

これは、自宅では味わえないお店ならではの緑茶の楽しみ方になりそうです。

ほかにも、月額定額制の飲み放題サービス(サブスクリプション)もあるみたいですよ。

もっともっとこの動きが広がって、コーヒーみたいにどこでも日本茶が飲めるようになったらいいな。

現在、CAMPFIREからプロジェクトの支援ができます。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
他の記事を見る
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。