究極にシンプルな「急須」。

銀座の〈煎茶堂東京〉から発売されている急須は、ちょっとした衝撃です。

取っ手もないし、透明だし、サイズも手の平に乗るぐらいコンパクト。こんなにシンプルでいいの? ってぐらいシンプルです。

でも、奇をてらったプロダクトじゃないんです。

現代のライフスタイルに合わせて、割れない・熱くない・省スペースといった使いやすさを追求した結果として、このカタチになっています。透明な素材は、極厚の樹脂でBPAフリー。食洗機で洗うこともできます。一人前用っていうのも潔くていいですね。

実際、とっても使いやすいです。食器棚に置いてもかさばらないし、洗いやすいし、“日本茶を淹れる”っていう行為が、一気に身近になりました。

日本茶専門店が続々オープンして界隈が盛り上がっていますが、こういうプロダクトから日本茶にハマるっていうのもアリだと思います。

今の時期だとプレゼントにも良さそう。クリスマスプレゼントが急須っていうのも、意外性があっておもしろい。

公式オンラインショップで購入可能です。

煎茶堂東京の急須煎茶堂東京の急須(上から)煎茶堂東京の急須と湯呑み

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
お茶本来のおいしさ、香り、旨み、渋みを誰でも簡単に引き出せ、現代のライフスタイルにもマッチした茶器。それが沈殿抽出式ティードリッパー「刻音」
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
伝統茶器で淹れる日本茶をオリジナルカップで味わえる中目黒にある日本茶とスペシャリティコーヒーのカフェartless craft tea & coffee〒...
海外の緑茶人気に着目し、2言語に7通貨(USドル・香港ドル・カナダドル・豪州ドル・欧州ユーロ・英ポンドと円)でプレミアム八女茶を販売するECサイト「YAM...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
世界中で大ヒットとなった名作映画『タイタニック』。映画の題材となったタイタニック号は、今も海底で眠っている。そんなタイタニック号を市民科学者として調査&探...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好...
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。