「エスプレッソ」のような日本茶「mute」が楽しい!

ペットボトル入りのお茶は日常でも、家庭で急須で煎れるお茶は非日常。いつからか多くの人にとって、お茶との付き合い方は、そんなふうに変わってしまったんじゃないだろうか。

こうした“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、老舗茶農家が運営する伊勢茶カフェ「深緑茶房」と、デザインの力で中小企業の脱・下請け化を支援する「株式会社Kenma」のコラボが実現。新たなお茶の楽しみ方として誕生したのが「mute」だ。

急須ではなくに茶葉を広げ、少量の水でお茶を抽出することで凝縮された旨みをじっくり味わう伝統的な喫茶スタイル「しずく茶」を、現代にアップデートさせた「mute」は、いわば日本茶のエスプレッソ。専用のガラス茶器に茶葉を入れ、水を注いで60秒。ほっと一息つくのにちょうどいい抽出時間だ。

テレワーク中の休憩に、頭のモヤモヤが離れない夜に、日々の雑音や雑念をミュートして、心身ともにリラックスしてみてはいかがだろう。

購入は「深緑茶房WEBショップ」で。ただし、発売は11月16日より。

©株式会社Kenma
©株式会社Kenma

『mute』

【購入ページ】https://www.shinryokusabo.co.jp/

Top image: © 株式会社Kenma
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

“気分に合わせて選べる”をコンセプトとした日本茶のティーバッグシリーズが、鹿児島発の日本茶専門店「すすむ屋茶店」より発売。
電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
“現代人がうまく休める道具”として日本茶を提案する愛知県の「美濃加茂茶舗」が、おしゃれな収納ボックスに入った日本茶定期便「WORKERS’Break」を予...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
レバーを下ろすだけでどこでも簡単に本格的なエスプレッソが楽しめる小型エスプレッソメーカー「レバープレッソ(LEVERPRESSO)」をご紹介。
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...