日本茶をとことん堪能できるお店で、抹茶ビアガーデンが開催!(6月〜9月)

お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」を訪れてみては?素敵な空間で、こだわりの茶葉をふんだんに使ったお酒や料理が楽しめます。

2016年6月1日〜9月30日にかけては、夏季限定イベントが開催。

夏、日本茶に酔いしれよう

え、お茶とビール?斬新な掛けあわせ──。ですが、どちらも好きな人であれば、イメージするだけでその魅力が直感的に感じられるかも。

清涼感のある抹茶フレーバーと、たまらないビールの喉越し。そのほかにも珍しい商品がズラリ。どれも必見です。

「1899抹茶ビール」

お店の看板メニューと言っても過言ではないこちらのビール。一度体験しておいて損はないでしょう!「1899抹茶黒ビール」もあります。

「1899ほうじ茶黒ビール」

一方こちらは新メニュー。黒ビール独特のコクと香ばしさは、ほうじ茶の苦みと相性ピッタリ!

3,800円の飲み放題(2時間)メニューには、下記のものが含まれています。普通のビールが選べるので、飲み慣れた味と比べてみるのも◎。

・1899抹茶ビール
・1899抹茶黒ビール
・1899ノンアル抹茶ビール
・1899ほうじ茶黒ビール
・生ビール
・黒ビール
・ハーフ&ハーフ
・瓶ビール
・ノンアルコールビール・おつまみお茶料理1品付き 

お酒のあては、お茶料理!

写真は2〜3名向けの「ビアガーデンセット(3,000円)」。どれも、ビールに相性ぴったりな抹茶を、たっぷりまぶしたお茶づくしの5品盛り合わせ。

抹茶塩で食べるポテトフライ。抹茶味噌で食べる野菜スティック。抹茶ソースをかけたスモークサーモン。国産茶豆に、日替わり肉のお茶料理。こちらはビアガーデン期間限定の商品です。

さらに、豊富な通常メニューも見逃せません。

「お茶カクテル」

上の画像は「1899抹茶ワイン」。甘口の白ワインに抹茶を独自ブレンド。

抹茶ビアガーデンの飲み放題メニューには含まれていませんが、緑茶梅酒や焼酎(麦、芋、米) の江戸番茶割りなども。う〜ん、飲み過ぎに要注意!

「茶を食す」ディナー

ディナーメニューでは、「抹茶ぽてとサラダ」や「抹茶とろろがたっぷりかかった出汁巻き玉子」など、ヘルシーなお茶の特性を生かしながら、特に野菜にこだわった多彩なメニューが楽しめます。「ウェルカムティー」や「茶香炉」で、安らぎのひとときを満喫できますよ♪

「お濃茶フォンデュ」

季節の果物をお茶にディップ。こちらも一度は試してみたくなる一品。メニューはコチラから確認できますが、ランチメニューにカフェメニューと、どれもこれも気になるものばかり。

ビアガーデンを待たずに、一足先に覗いちゃう?

Licensed material used with permission by GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU
旅行者であった自分たちだからこそ、他国に向けての宇治抹茶ブームをつくれるはず。そう信じて、何も知識がないところから、フランス人2人による『Material...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
「抹茶を飲む」というと、茶席に呼ばれて一服、というイメージがありますよね。そんな概念を打ち破ってくれるのが、ボトルを振るだけで本格抹茶が楽しめる「ふるっ茶...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
米・シアトル発の「KuKuRuZa Popcorn(ククルザ ポップコーン)」は、独創的なフレーバーが魅力のグルメなポップコーン専門店。2013年9月に日...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
かたちを見ただけで、名前も味の記憶も出てくるお菓子って、そう多くはない。ところが、写真のお菓子が老舗洋菓子店ヨックモック(YOKU MOKU)の看板商品、...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
毎朝、急須で緑茶を淹れるのが日課です。起き抜けのコーヒーはちょっと刺激が強い気がするけど、緑茶はすするだけでほっとして、体に染み渡っていく感じがするから好...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...