日本茶をとことん堪能できるお店で、抹茶ビアガーデンが開催!(6月〜9月)

お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」を訪れてみては?素敵な空間で、こだわりの茶葉をふんだんに使ったお酒や料理が楽しめます。

2016年6月1日〜9月30日にかけては、夏季限定イベントが開催。

夏、日本茶に酔いしれよう

0e32be817d436facc890fe1cdf3f88b0efe627b3

え、お茶とビール?斬新な掛けあわせ──。ですが、どちらも好きな人であれば、イメージするだけでその魅力が直感的に感じられるかも。

清涼感のある抹茶フレーバーと、たまらないビールの喉越し。そのほかにも珍しい商品がズラリ。どれも必見です。

「1899抹茶ビール」

34e9bbcf1d618a999191a57947f97206f8efac72

お店の看板メニューと言っても過言ではないこちらのビール。一度体験しておいて損はないでしょう!「1899抹茶黒ビール」もあります。

「1899ほうじ茶黒ビール」

E82fbcf2b6b52a55e0f9d867b8b165224d9d4046

一方こちらは新メニュー。黒ビール独特のコクと香ばしさは、ほうじ茶の苦みと相性ピッタリ!

3,800円の飲み放題(2時間)メニューには、下記のものが含まれています。普通のビールが選べるので、飲み慣れた味と比べてみるのも◎。

・1899抹茶ビール
・1899抹茶黒ビール
・1899ノンアル抹茶ビール
・1899ほうじ茶黒ビール
・生ビール
・黒ビール
・ハーフ&ハーフ
・瓶ビール
・ノンアルコールビール・おつまみお茶料理1品付き 

お酒のあては、お茶料理!

Cc9a9995c59d8cd90f37a2e4f076485d1c5b03de

写真は2〜3名向けの「ビアガーデンセット(3,000円)」。どれも、ビールに相性ぴったりな抹茶を、たっぷりまぶしたお茶づくしの5品盛り合わせ。

抹茶塩で食べるポテトフライ。抹茶味噌で食べる野菜スティック。抹茶ソースをかけたスモークサーモン。国産茶豆に、日替わり肉のお茶料理。こちらはビアガーデン期間限定の商品です。

さらに、豊富な通常メニューも見逃せません。

「お茶カクテル」

8772bb2590a4d95253d81309931c0f8b1d450eda

上の画像は「1899抹茶ワイン」。甘口の白ワインに抹茶を独自ブレンド。

抹茶ビアガーデンの飲み放題メニューには含まれていませんが、緑茶梅酒や焼酎(麦、芋、米) の江戸番茶割りなども。う〜ん、飲み過ぎに要注意!

「茶を食す」ディナー

78baa5aa8e2273bb4850dc46dfaec79e57446eb7F9c145124a528e5fb732ad8f367256eed3c14dc9A978532752bd3df62e0255757d790c7ec0791c7c

ディナーメニューでは、「抹茶ぽてとサラダ」や「抹茶とろろがたっぷりかかった出汁巻き玉子」など、ヘルシーなお茶の特性を生かしながら、特に野菜にこだわった多彩なメニューが楽しめます。「ウェルカムティー」や「茶香炉」で、安らぎのひとときを満喫できますよ♪

「お濃茶フォンデュ」

98e71ebd1ba5c9dc92b59f1194d447b630be641e

季節の果物をお茶にディップ。こちらも一度は試してみたくなる一品。メニューはコチラから確認できますが、ランチメニューにカフェメニューと、どれもこれも気になるものばかり。

ビアガーデンを待たずに、一足先に覗いちゃう?

E6cfaf5834c75d365b71acec57acd399a035b34256f219380916d9fe4989c65e2843fd5d9e01d55d2619a5e2474b2d72d0fe640f0615dfe972e02ff6
Licensed material used with permission by GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
「抹茶を飲む」というと、茶席に呼ばれて一服、というイメージがありますよね。そんな概念を打ち破ってくれるのが、ボトルを振るだけで本格抹茶が楽しめる「ふるっ茶...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
米・シアトル発の「KuKuRuZa Popcorn(ククルザ ポップコーン)」は、独創的なフレーバーが魅力のグルメなポップコーン専門店。2013年9月に日...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
かたちを見ただけで、名前も味の記憶も出てくるお菓子って、そう多くはない。ところが、写真のお菓子が老舗洋菓子店ヨックモック(YOKU MOKU)の看板商品、...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
あなたは、普段何気なく口にしている食品や飲料の原材料について、気にかけていますか?メーカーは製造コストを下げるために、低価格の原材料を使わざるを得ないとい...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...