懐かしさと新しさがハモる、定番「シガール」に新味が登場

かたちを見ただけで、名前も味の記憶も出てくるお菓子って、そう多くはない。ところが、写真のお菓子が老舗洋菓子店ヨックモック(YOKU MOKU)の看板商品、葉巻状のクッキー「シガール」だということは、ほとんどの人が分かってしまう。

じつはこのシガール、外国人にもファンが多いそうだ。あんこや求肥より、バターの香りが受け入れやすいと考えれば、たしかに納得がいく。

そんな人気商品が13年ぶりに新味を発表した。それが「抹茶」。やはり外国人観光客市場を意識してかとたずねれば、いやいや、日本の多くのファンからの熱い要望に応えるかたちでの開発だったそう。

期間限定「シガール オゥ マッチャ」
3月15日(水)より発売開始

1e0ff730a567e69840161bf5190c30884838f0cf

バターたっぷりのラング・ド・シャー生地に抹茶の香りをまとった「シガール オゥ マッチャ」が発売されるのは、まだもう少し先の3月15日(水)から。

それをちょこっとだけ早く試食してみた。

タバコを意味するフランス語だと母に教わった日から、口にくわえてたばこをふかすマネごとをよくやったっけ。それと、どうしても辞められないのが、手にとって鼻の下へすぐ持っていくクセ(これはある種“儀式”のようなもの)。

独特のバター香におり重なるようにして、上品で瑞々しい新緑のフレーバーが鼻の奥へと通って行った。そうそうこの新味、空洞には抹茶チョコレートが詰めてある。

6cb1ffa73d015151f5181b2d6f680acb53dca875

8本入りで税込価格は1,080円。ヨックモック青山本店はもちろん、全国の百貨店のほか、駅や空港、オンラインショップでも販売となるそうで、発売は6月末までを予定している。

これまで誰かに贈るためのお菓子、という位置付けだった人たちにこそ、自分が楽しむために買ってみてもらいたい。

ドリップしたてのコーヒーに合わないはずがない、だけどおすすめは炭酸水。もちろんコンビニで買えるようなものでOK。だけど、果実系のフレーバーや、加糖されていないものをチョイスしよう。抹茶のかすかな苦味がのこる口の中を、すっと切ってくれるから。

Licensed material used with permission by YOKU MOKU
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
はじけるような笑顔が印象的なのは、フロリダ在住のCheyenne Lee。世界で一番美しい釣りガールとして、爆発的に注目を浴びている。セクシーさも人気に火...
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
独断と偏見でピックアップしました。
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
子どもの頃は、歳を重ねたら自然と「大人」になれるものだと思っていました。でも、オランダのイラストレーター・Marloes De Vriesさん曰く、車の免...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
駆ける馬、舞う砂塵、荒ぶる無頼、鳴り響く銃、薫る硝煙、そしてカウボーイハットの下から覗く鋭い瞳。アーティストのフェリス・ハウス(Felice House)...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
旅行者であった自分たちだからこそ、他国に向けての宇治抹茶ブームをつくれるはず。そう信じて、何も知識がないところから、フランス人2人による『Material...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...