LAガールが夢中になっているレインボーティーはいかが?

ハリウッドの西側に位置し、ビバリーヒルズのお隣にあるウエスト・ハリウッド。この地で紅茶を販売する『Pearl’s Finest Teas』から、青、紫、黄色のレイヤーがとっても美しい紅茶が発売された。まるで、旅先で見た、黄金色に輝く夕日みたいで、飲むのがもったいなくなる。インスタグラムで「#orangeyuzu」で検索してみると、一気に画面が華やぎます。

夢のなかに出てきそう!
とってもかわいいレインボーティー

メニュー名は「オレンジゆず」。『Pearl’s Finest Teas』のオーナーは、成分を明らかにしていないが、人工着色料を一切使わない、ナチュラルなハイビスカスティーを幾つか組み合わせて作られているそうだ。もっとも興味深い点は、このメニューが失敗からつくられたということ。

失敗は成功のもと。失敗しながらも、とにかくチャレンジを続けていると、ふとした瞬間にアイデアが浮かんできたり、思いがけず、すっと道筋が出来上がったりする。そうして、めげずに突き進んでいく姿勢に共感し、感動したひとたちが、応援してくれるようになり、成功に近づくのだろう。

Aaron Liさん(@a8r0n1025)が投稿した写真 -

シトラスレモネードのような味わいだそう。すっかり寒くなってきた日本でも、こういうさわやかな飲みものを見ると、暖かいところでバカンスしたくなる。

Licensed material used with permission by Natasha Huang
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
2017年10月1日、自由が丘にオープンしたチャルダ専門店『La・Cialda』。イタリアのトスカーナ地方で、おばあちゃんがいつも作ってくれるような、懐か...
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェは、プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめます。70年代、フランスの学校などで使用されていたモ...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
実現できるようにがんばろっと。
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
ソーシャルメディア全盛のいま、対面型のコミュニケーションの回数や時間は、いったいどれだけ減ったことだろう。誰かに話を聞いてもらうだけで、胸の内がすっと軽く...
LAダウンタウンから車で約1時間ほど、パロスバーデスの丘の上に木立に囲まれるようにして建つ小さなチャペルがあります。この場を下見に訪れたカップルの多くが、...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
これはノルウェー在住のSergej Stopelさんによる作品の数々。画像から推測すれば、ボールペンを使っているのだろう。絵の隅々まで、しっかりと濃淡がつ...
ペロリと舐めた時に、舌の上がひんやりとして甘さがゆっくりと口の中に広がっていく。それでもう十分最高なんだけど、アイスの魅力はそれだけじゃない。チョコ、キャ...