LAのセルフィースポットがめっちゃ皮肉られてる!

LA観光でたくさんの人が訪れるメルローズアベニューのポールスミス。何かを買うっていうよりは、ピンク色の壁の前で写真を撮るのが目的の人が多いですよね。列に並ばないと撮影ができないほど混んでいるときもあるそう。

9月13日、誰がどんな目的でやったのかは明らかになっていませんが、この壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされていたそうです。意訳すると「セルフィーを撮っているやつは消え失せろ」ってところでしょうか。強烈なメッセージですね……。

アメリカ中で話題となった出来事ですが、もう壁の色は元通りに塗り直されているそうですよ。

Top image: © Dean Drobot/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
今回は池袋にある「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチ!で上品な“BOUSHI”ハンバーガーを食べてきたで!SNSで人気のお店って実際はど...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
2018年の4月1日、バーガーキングはエイプリルフールのネタとしてチョコレート味のワッパーを開発したと発表。2020年の9月1日、台湾・台南に10年ぶりに...
建築家トム・メインの率いる建築事務所「モーフォシス」が、ロサンゼルスに建設予定である大型施設のデザインを公開した。
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「Fahrenheit 88」内に、8月末オープンした「セルフィー・ミュージアム」。インスタ映えを狙ったス...
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
パリ11区にオープンしたホテル「Oh la la!(ウーララ)」。「HOTEL」と書かれたファサードの店内は、カウンター席とボックス席からなるBARが.....
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で音楽と空間とお酒に酔う「夜遊び好き」をセルフィー&スナップ。アンケートへの名解答&珍解答にも注目です。
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。