カリフォルニアの素敵な街「OJAI(オーハイ)」を知っていますか?

カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「PCH」と言われる海岸線を沿う道をドライブしながら1週間かけて旅をしたとき「OJAI(オーハイ)」という素敵な街に出逢いました。

オーハイは、LAから車で一時間半ほど北上した、ロス・パドレス国立森林公園に接する街です。

素朴でナチュラルな
Hideawayスポット

LAに住む人たちも、隠れ家的に「お気に入りのHideawayスポット」としてあげることが多いのも、ここ。素朴でナチュラルな小さな街なのですが、魅力的な場所がたくさんあります。スピリチュアルな街ともいわれますが、自然豊かな場所でゆっくり過ごしたい方におすすめです。

アーティストも多く住んでいて、ギャラリーはもちろん、ヴィーガンやベジタリアン向けのオシャレなカフェ、可愛らしい雑貨屋さんも充実しています。またオーハイは、メディテーションができるリトリート施設やスパがあったり、オーガニックワイナリーやレストランなど、食も楽しめる魅力的な場所でもあるんです。

01.
山の上にある
メディテーションマウント

958081c2dd4acefddfdb11cec707d1afb547fed3

オーハイに行ったらぜひ立ち寄ってもらいたいのが、山の上にそびえたつ瞑想リトリートスポットです。

満月と新月や、日の出と日没に合わせた瞑想などが体験できます。丘の上まで歩く道には大きな石が至る所にあって、あなたに向けたメッセージが記してあります。丘の上にある瞑想ポイントはとても静かで、心穏やかになれる空間ですよ。

(10340 Reeves Rd, Ojai, CA 93023 アメリカ合衆国)

02.
センス溢れる
完全菜食のヴィーガンカフェ

D6e2d9945e6718efc0faa58a760e679ddbfff2b7

また、健康への意識がとても高いカリフォルニア。ベジタリアンやヴィーガンカフェも連なっていますが、とくに印象に残っているお店が、完全菜食の「HIP Vegan」。

ナチュラルなセンスある空間で、お昼には行列ができるほどの人気店です。メニューも豊富で、ベジバーガーやブリトー、どれを食べてもおいしくてボリューム満点で、菜食主義じゃない人でも、とても満足できます。外のテラスで食べるのがオススメ。

(928 E Ojai Ave, Ojai, CA 93023 アメリカ合衆国)

68a706bed8e6362ae31b8e7ee3dd8c621dd2c099

03.
オーハイのパワースポット
ローズバレーの滝

120975a6464bfd498be47361ea2a5b67246b1a78

オーハイにはたくさんのトレイルがあって、ハイキングスポットとしても楽しめます。その中でもオススメは、オーハイのパワースポットとも言われる「ローズバレーの滝」。

キャンプ場エリアにあるので、スタートしてから滝までは30分ほどで着きます。ハイキング初心者の方でも大丈夫!きっと、たくさんの木々や山に癒されますよ。

(Rose Valley Campground, Ojai, CA 93023 アメリカ合衆国)

04.
世界で最も美しい本屋さん
「Bart's Books」

27a9003181e76de3bc4f3f6c9639c6e25d3cdfc0

オープンは、9時半からサンセットまで。

「ドアが閉まっていたら、本のお代はドアのスロットへ」

なんていう看板もあるピースフルな本屋さんです。店内には、樹齢400年以上にもなるオークツリーがあり、屋根もなく青空が見える開放感の高い場所。掘り出し物のコレクションがあったり、世界中の本を収集している人たちにも人気なんだそうです。

無料のコーヒーや紅茶が御に置いてあるので、まるで図書館のような感覚。コーヒーでも飲みながら、のんびりと読書したいなんて方には最高の場所になると思いますよ。

(302 W Matilija St, Ojai, CA 93023 アメリカ合衆国)

584c0229582716bece891c63c8a0d54fa1814e68

とても素朴で小さなタウンですが、お気に入りのスポットがたくさんできました。多言語で書かれた「世界平和のサイン」が町中にあったのも素敵でした。

オーハイの観光局「Ojai Visitors bureau」には、もっと詳しい情報が載っています。カリフォルニアに訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ある日、カリフォルニア市内がヘンテコなポスターでジャックされました。もちろん、これらは全部がフェイク。有名人や企業を勝手に使って、ちょっと行き過ぎでしょ!...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...
もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…...
TABI LABOは「ナチュラルハイ」にブースを出展します最高のフィールド、最高の音楽、最高のキャンプ。音楽と人と自然での楽しみ、一体感、気持ちよさに触れ...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
Al(エル)とMineca(ミネカ)は、カルフォルニアの北部に住んでいる老夫婦。エルはもうすぐ80歳で、北部に移る前は都市部で働くサラリーマンだった。ミネ...
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...
リノベーションや、街のリ・デザインはいまや世界的なブーム。日本の木造家屋ではなかなか何度も使用用途を変えることはありませんが、石造りの欧米ではそのブームも...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。バブルの時期は日本有数の賑わいを誇り、毎日がお祭り...