LAの道路を真っ白に塗りつぶす驚きのアイデア

建物や道路が増え、木々の緑が少なくなったことによって、郊外よりも都心の方が気温が高くなる「ヒートアイランド現象」。他にも、エアコンなどから出る熱が一因になっていると言われています。

例えば、東京都では、屋上や学校の校庭を緑地化することや、雨水を蓄えることのできる道路を舗装することで、この問題に取り組んでいます。

温暖化の対策を講じているのは、どの都市も同じ。だけど、ロサンゼルス市のそれは、ちょっと変わっていました。

道路を真っ白に!

9da465d50e8a329ad40e064c23239019bb911cbf6a333c41c36ab8dbd1edfc2acc691b03c0e17499

ロサンゼルス市のプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。従来のアスファルトでは熱を吸収してしまうから、少しでも逃がすために、太陽光を反射させるようにしたのだとか。

開発をしたGuardTop社によれば、白いインクは反射を促すものの、車やバイク、自転車を乗っている人への悪影響がない設計のようです。さらに、夜間では、視覚を確保しやすいという結果まで証明されているとのこと。

要するに、運転をしているときに「眩しい!」と思うこともないみたい。

C1dbcac9e781befba903ceea452d341270ff0d4327c303471eb7ac88c3ab416fb7af1e714813b3c1

道路だけでなく、駐車場などへの適応もOK。現段階での場所は限られていますが、数年後に観光に行ったときには、白いスポットが増えているかもしれません。ちなみに、ロサンゼルス市は、他のヒートアイランド対策をしながら、今後20年で気温を3℉(1〜2℃)下げるのが目標なんだとか。

東京都のように緑地化を進めていくのも大切だけど、こういったナナメ上の発想でアプローチしていくのも、深刻化するヒートアイランド現象を解決するためのキーポイントになるのでしょう。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのときなんかにもアリかも。

Licensed material used with permission by GuardTop, LLC.
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙いなん...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地に...