この道路を走るだけで、バッテリーが充電される

化石燃料の使用を減らし、ゆくゆくは温暖化ガスを排出しないシステムをつくりあげようとしているスウェーデン。

ゼロエミッションを目指す政策の一つとして、全長2kmにわたる“充電機能”を一般道に取り付けた。

道路を走れば
バッテリーが充電される

道路に埋め込まれたレールは電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みになっている。これを実現するには、車体の下に専用のマシンを装備しなければいけないというハードルもある。

たとえ追加のカスタマイズが必要でも、「eRoadArlanda」と名付けられたこのプロジェクトのホームページによれば、化石燃料を使うよりは結果的にコストが安くなるそうだ。

手厚い社会福祉が有名なスウェーデンだから、国民の健康に害を与える環境汚染を食い止めるためなら、専用マシンの装着の費用も負担するのではないか?と個人的には考えてしまうのだが……。

「eRoadArlanda」は、都市部に充電ステーションが集中してしまう問題も解決できるポテンシャルがある。また、走っている間にバッテリーが蓄電されるとのことなので、充電に時間がかかってしまうというデメリットも解消される。

最終的に、合計で約20,000kmのレールを国内の道路に敷きつめる計画をしているようだ。プロジェクトチームの計算では、これで充電ステーションを使わずとも、道路だけでバッテリーの充電をまかなえるらしい。

インフラさえ整備されれば、国民はいっそう車を乗り換えやすくなる。電気自動車を普及させるには減税のようなアプローチよりも効果的なのかもしれない、と思った。

Licensed material used with permission by eRoadArlanda
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
イスラエルで開発されている「Electroad」は、道路そのものが電源になっています。車道を掘り、機器を埋め込むことで、その上を走るEV車のエンジンに直接...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙いなん...
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
シンガポールの国立大学、南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究でリチウムイオン2次電池(蓄電池)...
いまスパークリングワインはイギリスに注目!なかでもこの1本は、シャンパンを評価するのとほぼ同じな味。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
キックスターターにて、earth technologiesから開発中の「Pluto by earth」のモバイルバッテリーがとてもスタイリッシュでコンパク...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...