停留所にいる間に、ワイヤレス充電!スウェーデンの「電気バス」

世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハイブリッドカー。

しかし、ハイブリッドカーを含む電気自動車の場合、どうしてもネックになるのが「充電」。ガソリンなら切れたら補給すれば数分で再び走り出せますが、バッテリーへの充電には時間がかかるため、どうしてもロスが発生してしまいます。

ひらめいた!
停留所にいる間に充電しよう

そこで考え出されたのが、停留所にいる時間を利用すること。バスの製造を手がけるScania社と、充電ステーションの設置や運営を手がけるVattenfall社の協力により実現しました。

つまり、路上に充電システムを埋め込み、最終停留所で乗客が降りている間にワイヤレスで充電してしまおう、というスマートなリチャージシステム。

現在はパイロット版が試験運用されていますが、この試みがうまくいけば、充電でバスが休んでいるタイムロスを短縮でき、定時運行にも役立つでしょう。

2030年、乗り物は
すべて電動になる?

スウェーデンは、2030年までにすべての乗り物の脱化石燃料化を目指す、と発表していますが、この試みからもその本気が伺い知れるところ。

道行くすべての乗り物が電気で動いている未来、想像するとワクワクしてきますね。

Licensed material used with permission by Vattenfall, Scania
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
日本人にも人気のオランダの都市ユトレヒト。この街にある300を超えるバス停の屋根の上がいま、草や野生の花々で覆われている。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...