停留所にいる間に、ワイヤレス充電!スウェーデンの「電気バス」

世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハイブリッドカー。

しかし、ハイブリッドカーを含む電気自動車の場合、どうしてもネックになるのが「充電」。ガソリンなら切れたら補給すれば数分で再び走り出せますが、バッテリーへの充電には時間がかかるため、どうしてもロスが発生してしまいます。

ひらめいた!
停留所にいる間に充電しよう

そこで考え出されたのが、停留所にいる時間を利用すること。バスの製造を手がけるScania社と、充電ステーションの設置や運営を手がけるVattenfall社の協力により実現しました。

つまり、路上に充電システムを埋め込み、最終停留所で乗客が降りている間にワイヤレスで充電してしまおう、というスマートなリチャージシステム。

現在はパイロット版が試験運用されていますが、この試みがうまくいけば、充電でバスが休んでいるタイムロスを短縮でき、定時運行にも役立つでしょう。

2030年、乗り物は
すべて電動になる?

スウェーデンは、2030年までにすべての乗り物の脱化石燃料化を目指す、と発表していますが、この試みからもその本気が伺い知れるところ。

道行くすべての乗り物が電気で動いている未来、想像するとワクワクしてきますね。

Licensed material used with permission by Vattenfall, Scania
日本人にも人気のオランダの都市ユトレヒト。この街にある300を超えるバス停の屋根の上がいま、草や野生の花々で覆われている。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
スウェーデンの首都、ストックホルムから1時間半ほど北西へ車を走らせたところにある村「Sätra Brunn(サトラ・ブルン)」が「クリスティーズ」で販売。...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
ラスベガスで開催されたCES 2018。そのスマートホーム部門で、イノベーションアワードを受賞したのが単三電池「Coat Foever Battery」。...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
2月15日から「Makuake」で先行販売中のモバイルバッテリー「BRICKSPOWER」の新シリーズは、無線給電、LEDライト、スピーカーなどに変化する...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
約5,000円から支援可能です。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
デザイナーズアイテムを販売する「LEXON」から、充電しながら除菌もしてくれるスマートフォン充電器が登場。スマートフォンを内部に置くと、充電がおこなわれる...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...