「トヨタ」と「ホンダ」が開発!いつでもどこでも「電気」を届けるバス

「トヨタ」「ホンダ」が共同で開発を進めている移動式発電・給電システム「Moving e」が、9月より実証実験をスタート。

「Moving e」は、トヨタの燃料電池バス「CHARGING STATION(チャージングステーション)」に、ホンダの充電・給電機を搭載し、豪雨や震災などの被災地に電力を供給する移動式システム

従来型の「トヨタFCバス」をベースに、高圧水素タンクの本数を倍増させて水素搭載量を大幅に増やすことで、高出力かつ大容量の発電能力を装備。災害対応の電力供給はもちろん、平常時もイベントなどで日常的に使用できる、いわゆる“フェーズフリー”での活躍が期待される。

また、車内には仮眠できるスペースも用意されているため、災害発生時の休憩場所としても活用可能。

「トヨタ」と「ホンダ」という世界に誇る自動車関連会社の2大巨塔がタッグを組んだ新テクノロジーに期待は高まるばかりだ。

ホンダ トヨタ moving e
©TOYOTA
ホンダ トヨタ moving e
©TOYOTA
Top image: © TOYOTA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事