「東京モーターショー2019」最速ルポ!「TOYOTA」ブースが未来の世界に?

10月24日(木)〜11月4日(月・祝)、東京のお台場にある「東京ビッグサイト」にて、国内随一の規模を誇る自動車の祭典「第46回 東京モーターショー 2019」が開催される。

それに先立ち、「TABI LABO」は23日のプレスデーに参加&取材を敢行。

各自動車メーカーが先進の技術と独自のセンスを詰め込んださまざまなニューモデルを紹介するなか、「トヨタ自動車」は新車の展示スペースとは別に“自動車以外を紹介するスペシャルブース”を設置。

「日本を代表する自動車メーカーが、自動車ではないナニかを紹介する理由」とは──?

©2019 NEW STANDARD

トヨタが紹介する自動車以外の何か......それは「進化したモビリティが実現する未来」。

トヨタ自動車社長・豊田章男氏は、初お披露目となる最新鋭のスポーツカー「e-RACER(イーレーサー)」と最新の多目的EV自動運転車「e-Palette(イーパレット)」をまえに、こう語る。

「クルマもAIの進化によって、人と心を通わせる存在になり得るのではないでしょうか。(中略)今回のトヨタブースは、人を中心とした未来の暮らしをテーマにしました。まずは、お越しいただいたみなさんに楽しんでもらえること。FUNを感じてもらうことを大切にしました。それは、未来のモビリティにおいても、FUN TO DRIVEを大切にしたいという気持ちと同じです。(中略)キーワードは“ヒューマン”。トヨタは人間の力を信じています。人間の力を」──。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

豊田社長の言葉通り、ブースには、人と自動車が“心を通わせることで開ける未来”が広がっていた。

機械工学とデジタルテクノロジーの最先端の技術を盛り込んだ注目の新車はもちろん、見て、触れて、乗って、未来を体感できるエンターテイメントショー「モビリティのテーマパーク」も今年の「東京モーターショー」の目玉になりそうだ。

©2019 NEW STANDARD

『第46回 東京モーターショー 2019』

【会期】10月24日(木)〜11月4日(月・休)

【会場】東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など

【公式サイト】https://www.tokyo-motorshow.com/

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...
東京の空を舞台にしたドローン500機のショー「CONTACT」と、クリエイティブディレクター小橋賢児のドキュメンタリー動画。
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...