勝手につくった「ニセ広告」だよ!

 

これ、実際に存在する広告ではありません。フォトグラファーGiuseppe Palmisanoが、別にブランドに頼まれたわけでもないのだけれど、勝手につくっちゃった、つまりはニセ広告。

ほかにはこんなのも。

amplifon

 

amplifonは、イタリア生まれの補聴器ブランド。

MAISONS DU MONDE

 

MAISON DU MONDEは、フランス生まれの家具販売会社です。

CALZEDONIA

 

CALZEDONIAは、イタリアに拠点を置くレッグウェア・ビーチウェアのブランド。日本にも店舗がありますね。

TOYOTA

 

TOYOTAは、説明するまでもないですね。

IKEA

 

これも、説明するまでもないですよね。

Enel

 

Enelは、イタリアの大手電力会社。

TAMPAX

 

生理用品を扱うTAMPAXは、P&Gが展開するブランドのひとつ。

TECNOCASA

 

TECNOCASAは、イタリアの不動産仲介会社です。

EMINFLEX

 

イタリア生まれのマットレスブランド、EMINFLEX。

(・・・どこからつっこめばいいんだろう)


よく見かけるような、バシっとキマった広告とは違って、つっこみどころがありすぎるなあ。ということで、ちょっとお話を聞いてみたんです。

TERUHA:ねえねえ、どうしてこのシリーズをつくろうと思ったの?

Giuseppe:アートの力で、広告はこんなにもおもしろいものになるんだってことを証明したかったんだよね。みんな、シリアスにならないで、もっと楽しいものをつくろうよ!

TERUHA:なるほどね、ありがと!

 

Licensed material used with permission by Giuseppe Palmisano
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
食べかけの状態が立体化された、ロゴもキャッチコピーもないフランスの「マクドナルド」の最新の路上広告がシャレてる。
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
えっ、PEE(=おしっこ)?スウェーデン発祥の家具量販店、そう、あのイケアだ。彼らが新しい広告を出したという情報を入手したので調べてみたら、上の単語が並ん...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
異質な広告会社「ConCreates」。スタッフは、刑務所に入ったことがある、もしくは現在入所中の人たちで構成されるという。PR動画には、「私たちがいうク...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
マクドナルドやイケア、ペリエ。どれも企業の色が出ていて、ユーモアに溢れてます!
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
全国の「IKEA」にスウェーデンの夏の風物詩「ザリガニ」メニューが登場。
僕らの日常にちょうどいい━━。そういう感覚でつき合える「IKEA」を集めてみました。
いくつもの大型店舗をどかーんと構えるIKEAが、マンハッタンに“らしくない”店舗をオープンしました。
ある企画で1950年代の広告と現代の価値観を反映させた「自作広告」を比較しました。「キッチンから出なさい!」と言う誇らしげな女性など、今ではビックリの価値...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
ベルギーの「バーガーキング」がSNSに投稿した写真が話題を呼んでいる。写っているのは、店外に設置した広告により大手ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」と...