歩行者を守り、植物を育てる最先端の「自動車の音」

自動車が通り過ぎていったあとには緑が育つ。そんな未来が近く実現しそうだ。

デジタルイノベーション企業の「The Electric Factory」とウルグアイの「Ayax Toyota」が共同で進める「HYプロジェクト」。このプロジェクトでは、環境にポジティブな効果をもたらす自動車の音を創作・デザインしている。

静かすぎるハイブリッドカーや電気自動車は、歩行者がその存在に気づかず事故につながる恐れがあるとして、EUでは2021年までに、自動車の接近を知らせる通知音を発するようにと決定。

そこで「HYプロジェクト」では、さまざま大学の研究によって明らかになった“植物の成長を刺激する特定の周波数”を利用して、自動車が動いていることを周囲に知らせるAVAS (車両接近通報装置)サウンドを開発。

あらゆる車両に実装できるこのシステムは、走行中の自動車の存在を周囲に知らせることで歩行者などとの接触事故を減らすと同時に、道路周辺の植物の成長を促す効果も期待できるのだとか。

人にも環境にも優しい自動車の未来を感じるトピックの今後に注目したい。

Top image: © iStock.com/rarinlada
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...