来夏リリースのHONDA「レジェンド」は、高速渋滞時にまるっと運転を任せられる!

来夏を目処に、自動車メーカー「HONDA」が高速道路の渋滞時にクルマの運転をシステムに委ねられる高級セダン「レジェンド」の発売を予定している。

実用化されるのは、渋滞時にアクセルやハンドルの操作が不要となり、ドライバーの前方の注意も必要とさせない、完全に運転を任せられる技術。このシステムは、自動運転技術の「レベル3」に相当し、国産車では初となる。

日本では「BMW」や「日産自動車」が高速道路を手放しで運転できる車両を市場に投入しているが、これらは、緊急時に備え前方を注視する必要がある「レベル2」相当の先進技術だった。

現時点では絶対に推奨できることではないが、来夏のHONDA「レジェンド」が登場すると、運転中のテレビの視聴やスマートフォンの操作も可能となる。渋滞でのイライラもなければ長時間運転の疲労軽減にもなるだろう。その分、複数の高価なセンサーが搭載されるなどして、車両価格は1000万円程度となる見通し。

来春に改正予定の道路交通法などの施行に合わせた発表だが、このレベルの自動運転技術が搭載された自動車の開発競争・販売競争が激化する2020年となるのは間違いないだろう。

現行モデルの「レジェンド ハイブリッド」©HONDA
Top image: 現行モデルの「レジェンド ハイブリッド」©HONDA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
長時間のドライブによる気づかない脱水=「かくれ脱水」に警笛を鳴らすため、 「HONDA」より、移動時間に応じて必要な量が入っている「Honda DRIVE...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
米造形作家による作品です。
ドイツの家具メーカー「DEDON」が提供するラグジュアリーなキャンプアイテム。そのなかでも最もアイコニックな製品「NESTREST」は、自然に溶け込みつつ...
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、政府を皮切りに多くの地方公共団体や企業が防御策を講じている。そんななか、イギリスのバクストン警察...
イギリスの神経学者たちが科学的な実証を得て作成した「地球上でもっともリラックスできるプレイリスト」。コールドプレイやアデルといった現代のアーティストからモ...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
広い空港内の移動は、迷うし疲れる......。そんな問題を解決すべく自動運転モビリティ「RakuRo」が誕生。行き先をタブレットで指定するだけ!
サーフ界のレジェンド、ケリー・スレーターの4年ぶりの来日が決定。1990年のデビュー以来、11度もワールドタイトルを獲得しているパフォーマンスを九州・宮崎...
昨年9月にPC用人気対戦型ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」とパートナーシップを締結して世界を驚かせた「ルイ・ヴィトン」がコラボコレクションを発表!
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...