時代が静かにさせたモンスター「NSX」
〜音のないクルマ選び④〜


自分だけの静かな空間……。

こういう見方でクルマを選ぶ。エンジンとかメカ的なスペック、先進技術、金額などではなく。

スポーツカーも時代に即せば大人しくなる

静かさを求めるテーマでも、クルマを紹介するのにスポーツカーをピックアップしとかなくては、「ただ大人しいクルマなだけでしょ」と揶揄されてしまいます。

でも、今やハイブリッドな時代。スポーツカーといえど、静かで速い!おまけに燃費もいい!欧米のスーパースポーツカーが割り切って省いてきた箇所を一つひとつ拾い上げたのが、日本メーカーが手がけたこの一台なのかも。その名はホンダ「NSX」。

©HONDA

【ホンダ NSX】

フェラーリやランボルギーニのように、エンジンをスタートした瞬間に、モンスターが雄叫びをあげたような“爆音”でお出迎えするのと違い、ホンダ「NSX」は静寂の一言。

エンジンと併せて3つもモーターを搭載し、しめやかに静かながら、高速移動を可能としています。速度を上げれば20km/hほどからエンジンが始動。それでも、室内に迫力あるエキゾーストノートが響くわけでも無く、とにかく静か。なめらかに加速していく様はスーパースポーツ然としていながら、スマートそのものです。

©HONDA

助手席に同じようなクルマ好きを乗せて、スピードを味わう。速度が上がればあがるほど、エンジン音にかき消されていくふたりの会話。これ、スポーツカーに於ける常識ですが、NSXに関しては起こりません。

個人の楽しみより、共有できる悦びがそこにはあるようで、和を重んじる日本的な仕上がりだと感じるのは、深読みしすぎでしょうか。

日本人が今スーパースポーツを造ったらどうなるのか?その答えが、時代に即したNSXという姿。こんなクルマをつくった日本という国が、誇りに思えてしまいます。

©HONDA

本性はモンスター。正しい乗りこなしが肝心

このクルマは勘違いするくらい気持ちいいです。スーッとした走り出しから、あっという間のスピードアップ。大人しくしているようで、走りっぷりだけはどう猛なスポーツカーらしい速さ。それでいて、ハンドルの操作やドライバーの意思に同調し、期待どおりの挙動で反応する従順さ。

ゴジラというより、メカゴジラ。叫びもしないし、指令に対して言うことを聞いてくれるモンスターってところ。

でも、静かで快適だなって油断したままアクセルを踏んだりしてしまうと、スピードの向こうへ連れてかれてしまいます。静寂さや制御が「時代に即した」とあっても、やっぱりスポーツカー。扱いには十分注意して付き合いましょう。

Top image: © HONDA
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
「坪田パール」のハードエッジです。色で遊べ!#9
「UNIVERSAL PRODUCTS」のビーニーです。色で遊べ!#5
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
「O -」のJOY CASEです。色で遊べ!#1
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
1月10日、オートバックスが展開するライフスタイルブランド「GORDON MILLER」が、オリジナルで手がけたクルマを発表。
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
ユニオン・ジャックの格好よさやスタイリッシュさを暮らしに欲しい。クルマで変革させるなら「MINI VICTORIA(ヴィクトリア)」。欲しいものをほどよく...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...