世界の大衆車の座、静かに狙う「Polo」
〜音のないクルマ選び⑤〜


自分だけの静かな空間……。

こういう見方でクルマを選ぶ。エンジンとかメカ的なスペック、先進技術、金額などではなく。

社会の大部分の人を満足させる安定のクルマ

かつて世界の大衆車として君臨していたのが、フォルクスワーゲンGolf。そんなGolfは今ではコンパクトカーとしてはラグジュアリーな見た目とプライスになってしまっているのが残念なトコロであります。

そんなゴルフに代わり、世界の大衆車の地位を着々と固めているのがフォルクスワーゲンPoloなのでは?

©Volkswagen

【フォルクスワーゲン Polo】

実際、そのサイズは過去のGolf程度。だから、世界に誇る大衆車と認定するの案外ハズレでは無い気もしています。

欧州車の気密性の高さや、そこからくる静粛性は大衆車のPoloであっても同じ。ドアを締めた瞬間にそれはわかります。重いんですよね、欧州車って。日本のコンパクトカーのトビラの締まりは軽く「パタン」としたイメージ。それが欧州車は重く「バスン!」という感じ。

その差って密閉性の高さや、衝突安全性にも起因しているというワケで、もちろん外部の騒音も軽減してくれているはず。実際に音量を計測したわけではありませんが……。

©Volkswagen

ところで、大衆と聞いて想像するものって何でしょう。

食堂?酒場?

大衆とは社会の大部分を占める多くの人を意味するので、大衆車というのは社会の大部分の人を満足させなければならない。それってとっても高いハードル。

でも、その点でサイズも価格も手頃である上に、静寂さに妥協をしないことが重要になります。クルマが静かな空間を保持しているかって、誰もがわかりやすい上質さを見定めるポイントになるはずです。

日本にだって世界に誇れる大衆車はたくさん。しかし、前述した密閉性などの理由で、静寂なクルマとしての基礎は期待できるのがPolo。だから、「世界の大衆車」の座についてもらうべきとPolo推しするのです!

©Volkswagen

静かだから果たせる役目がある

ここで、あらためて問いますが、キング・オブ・大衆車を狙うなら、静かさってマストな性能でしょうか?

想像してみてください。お母さんが子供を乗せて走るデイリーカーが騒がしくていいわけがない。彼女と気軽にデートに使うクルマがやかましくていいわけがない。 つまり、世界の大衆車である以上、静かでなければその役目も果たせないということ。ますます地位に揺らぎがなくなってきます。

フォルクスワーゲンのPolo、気になってきませんか?

Top image: © Volkswagen
andmore
他の記事を見る
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
「UNIVERSAL PRODUCTS」のビーニーです。色で遊べ!#5
「坪田パール」のハードエッジです。色で遊べ!#9
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
1月10日、オートバックスが展開するライフスタイルブランド「GORDON MILLER」が、オリジナルで手がけたクルマを発表。
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...