湖や海も道になる「水陸両用車」

見た目は、ゴルフカートのような佇まい。2人乗りのボディはかなりコンパクトなサイズ。

でも、侮ることなかれ。このクルマ「Moke Amphibie」は、水陸両用車なのだ。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャルは想像以上といえる。水上では、車体後部に搭載されたプロペラが回転する水上モードへ。7ノット(時速約13km)でボートのように水上を進めるそうだ。

これ以上、シンプルには
ならないつくり

注目すべきは、陸上モードから水上モードへのスムーズな切り換え。運転席のスイッチをひねるだけで、シームレスに陸上と水上を移動できる。また、水上で操縦する際には、ハンドルが舵輪変わりとなる。つまり、クルマに乗った姿勢のままに、ザブンと水にアプローチできるというワケだ。

操縦方法も、ダッシュボードや外観のデザインも、これ以上、シンプルにならないつくりとなっている。これなら、クルマの運転さえできれば、水上でも自在に動くことができるはず。現在、世界一運転が簡単な水陸両用車といえるだろう。

どんなに言葉で説明しても、百聞は一見にしかず。なので、気になる人はコチラの動画をどうぞ。十中八九、ビックリするはずだから!

このクルマを作ったのは、カスタムカーやカスタムバイクを手がけているフランスのLazareth社。公式サイトを見る限りでは、価格帯や日本での販売予定の記載はない。ただし、オーダー可能という記載はあるので、詳しくはコチラから問い合わせてみよう。

Licensed material used with permission by LA ZARETH
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...