湖や海も道になる「水陸両用車」

見た目は、ゴルフカートのような佇まい。2人乗りのボディはかなりコンパクトなサイズ。

でも、侮ることなかれ。このクルマ「Moke Amphibie」は、水陸両用車なのだ。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャルは想像以上といえる。水上では、車体後部に搭載されたプロペラが回転する水上モードへ。7ノット(時速約13km)でボートのように水上を進めるそうだ。

これ以上、シンプルには
ならないつくり

22cfe4a75fbe63d6e53bb252596fe646237694b1Ef94504fa635caf4beef8ed32b110826c1ff3e26

注目すべきは、陸上モードから水上モードへのスムーズな切り換え。運転席のスイッチをひねるだけで、シームレスに陸上と水上を移動できる。また、水上で操縦する際には、ハンドルが舵輪変わりとなる。つまり、クルマに乗った姿勢のままに、ザブンと水にアプローチできるというワケだ。

1f5bf6e4f90fbbfbe021dc8ede92eef493506e6060f634ac377b44c3131c974d1231cc45abb63c26

操縦方法も、ダッシュボードや外観のデザインも、これ以上、シンプルにならないつくりとなっている。これなら、クルマの運転さえできれば、水上でも自在に動くことができるはず。現在、世界一運転が簡単な水陸両用車といえるだろう。

どんなに言葉で説明しても、百聞は一見にしかず。なので、気になる人はコチラの動画をどうぞ。十中八九、ビックリするはずだから!

このクルマを作ったのは、カスタムカーやカスタムバイクを手がけているフランスのLazareth社。公式サイトを見る限りでは、価格帯や日本での販売予定の記載はない。ただし、オーダー可能という記載はあるので、詳しくはコチラから問い合わせてみよう。

Licensed material used with permission by LA ZARETH
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
「LA Auto Show's」は、未来の都市と新しい移動手段のデザイン発表の場として、毎年開催されているイベント。2017年のファイナリストのひとつが、...
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
ボリビア・ウユニ塩湖を観光するとなると、ツアーに組み込まれていることも多い場所。ウユニ駅から3kmほど南西に行くと、塩湖以外にもうひとつ見どころがあります...