持っておいて損はナシ!「RVCAの水陸両用ショーツ」

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

ボードショーツはボードショーツでも、ストリートアートの香りが漂うブランド「RVCA(ルーカ)」。

それもそのはず。ブランドが独自のアーティストネットワークプログラムを保有しており、毎シーズン所属アーティストの作品をプリントしたモデルを発表しているんです。ボードショーツなのに、ミュージアムショップで売ってそうなところがイイ。実際、過去にはワタリウム美術館でRVCAのポップアップが開催されたことも。

この「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」は、セージ・ボーンというアーティストのモデルです。

©2019 TABI LABO

インパクトのあるグラフィック。でも、色味的にはすんなりと合わせられそう。単色でシンプルになりがちなショーツだけに、こういった柄物も一枚あると間違いなく重宝する。7,560円(税込)という価格も“とりあえず買っちゃう”が許される範囲だし。

食指が動いた人は「RVCA SHIBUYA」へ。ちなみに、2階には様々なアートやサブカルチャーを発信するギャラリーが併設。同分野への注力度合いが見てとれます。

Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!

関連する記事

「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
ライフスタイルブランド「Short pants every day」から「久留米絣(くるめがすり)」を使用したボードショーツが発売中。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。