色使いに惚れた!「meanswhile」の水陸両用ショーツ

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

アウトドアブランドにはなかなかない色使いに惚れました。「meanswhile」の「Equipment Board Shorts」です。

今シーズンは2色展開ですが、TANというカーキ(写真右)のものが気分。表地のフロントがやや短めになっており、あえてビビッドな裏地が顔をのぞかせるデザインに。この気の利かせようこそ、ファッションブランドの水陸両用ショーツを推す所以!

©2019 TABI LABO

高密度織りで強度も確かながら、履き心地は軽やか。メッシュの裏地は汗をかいても肌にまとわりつかない。シワになりづらい中空糸を使用した生地もタウンユースには嬉しいところです。

2万1600円(税込)で、取扱は表参道や代官山のJOURNAL STANDARD relumeにて。

Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!