色使いに惚れた!「meanswhile」の水陸両用ショーツ

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

アウトドアブランドにはなかなかない色使いに惚れました。「meanswhile」の「Equipment Board Shorts」です。

今シーズンは2色展開ですが、TANというカーキ(写真右)のものが気分。表地のフロントがやや短めになっており、あえてビビッドな裏地が顔をのぞかせるデザインに。この気の利かせようこそ、ファッションブランドの水陸両用ショーツを推す所以!

©2019 TABI LABO

高密度織りで強度も確かながら、履き心地は軽やか。メッシュの裏地は汗をかいても肌にまとわりつかない。シワになりづらい中空糸を使用した生地もタウンユースには嬉しいところです。

2万1600円(税込)で、取扱は表参道や代官山のJOURNAL STANDARD relumeにて。

Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
〈山と道〉の「5-POCKETS SHORTS」は丈が短めでスポーティー。スマホを入れるポケットがサイドに配置されていることによって、動いている時も邪魔に...
高機能なバッグブランドとして大ブレイクした〈BACH(バッハ)。その実力がいかんなく発揮されているのが「Roc Shorts(ロックショーツ)」です。特徴...
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
特殊加工を施した「ONE SWING SHORTS」は、まるでビニールのような撥水性。カレーうどんをこぼしても簡単に拭き取れるほど。しかも、型崩れしにくく...