色使いに惚れた!「meanswhile」の水陸両用ショーツ

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

アウトドアブランドにはなかなかない色使いに惚れました。「meanswhile」の「Equipment Board Shorts」です。

今シーズンは2色展開ですが、TANというカーキ(写真右)のものが気分。表地のフロントがやや短めになっており、あえてビビッドな裏地が顔をのぞかせるデザインに。この気の利かせようこそ、ファッションブランドの水陸両用ショーツを推す所以!

©2019 TABI LABO

高密度織りで強度も確かながら、履き心地は軽やか。メッシュの裏地は汗をかいても肌にまとわりつかない。シワになりづらい中空糸を使用した生地もタウンユースには嬉しいところです。

2万1600円(税込)で、取扱は表参道や代官山のJOURNAL STANDARD relumeにて。

Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!

関連する記事

「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
ライフスタイルブランド「Short pants every day」から「久留米絣(くるめがすり)」を使用したボードショーツが発売中。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。