海外セレブの間でブームの兆し! 男なら絶対に欲しくなる水陸両用車のお値段とは?

フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。
そのカリフォルニアにあるWaterCar社が11年かけて設計した水陸両用車がこちらの「Panther」だ。
水上走行の際はギアをニュートラルに入れ、ノブを引くだけでOK。映画『007』のボンドカーばりにわずか15秒で陸上から水上を走れるようになるという。

砂漠から水上まで自由自在に!

th_sand_001
とかく水陸両用車と言えば陸上の性能も水上の性能もどっちつかずの中途半端なものになりがちだが、このPantherはちょっと違う。
HONDA製の3.7リットルV6エンジンにポンプジェット推進システムを組み合わせ、陸上での最高時速80マイル(約時速130キロ)、水上での最高時速44マイル(約時速71キロ)を可能にする。
JeepのCJ8をベースに軽量化のためクロモリ鋼のシャーシを使用し、全長15フィートの車体からは想像できないほど水上で安定した姿勢を保つそう。
つまり、ジープのように走らせ、モーターボートのようにクルーズすることができるのだ。

約1,500万円で手に入る男の夢

走行中の動画が公開されるや否や、その性能と手軽さからアクセスが殺到し、ドバイの皇子が6台注文したとも言われている。
たしかにジェットスキー、トローリング、砂漠のオフロード走行、ハンティングと海外セレブが好むアクティビティに使えるPantherは、まさに男の夢が凝縮した1台と言えそうだ。

そして夢を叶えるためには相応の対価が必要になるようで、肝心のお値段は12万6000ドルとかなりの高額。しかし、車と船の役目を果たしてくれるうえ、高額なマリーナ停泊料を払う必要も無いとなれば、考え方によっては安い買い物なのかもしれない。


Licensed material used with permission by Watercar

「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
「Microsoft Training」が、著名人たちが余暇に取っている行動をインフォグラフィック化!ミュージシャン、スポーツ選手、実業家などなど、どれも...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法...
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
ビルゲイツが「社員全員の車ナンバーを記憶していた」というのは、有名な話ですよね。でも、それがなぜだか知っていましたか?残業してまで、努力している人たちを把...
2015年12月28日にYouTubeに投稿された動画の内容が考えさせられると話題だ。あの世界一有名なイタリア人男性と言っても過言ではないマリオブラザーズ...