【世界一マニアックな言語】「モナコ語」が話せると得する理由

世界で2番目に小さい極小国家「モナコ公国」

世界には大小様々な国が存在する。ロシアのような広大な国土を持つ国家がある一方で、極めて小さな国土しか持たない「ミニ国家」も存在する。モナコ公国も、そんなミニ国家の中の一つ。「楽園」とも称されるモナコ公国とは、一体どんな国なんだろう?


 

地上の楽園

50dd5f89f9128b763d5d9c43700bb1f6b4cdefd1

フランスとイタリアの国境近く、地中海に面したおよそ2キロ四方の小さな領域が、モナコの国土だ。温暖な気候・美しい風景・交通の便の良さ・南仏流の絢爛な食事・治安の良さ・世界3大レースの一角で有名なモナコグランプリ開催地など、どれをとっても一級といえる、まさに「地上の楽園」。極小地域に約3万5千人が居住するために、あまりに人間の手を入れすぎた「人工都市」という評価もあるが、それでも魅力が詰まった国であることは間違いない。

租税回避地としての「巨大国家」

小さな国土といえど、モナコは「巨大国家」だ。同じく世界最小国家ヴァチカン市国が宗教的な国力を持つように、モナコの国力の源泉は「タックス・ヘイヴン」と呼ばれる程の、強力な租税システム。居住権を得た個人への所得税は全くなく、その他の税金も圧倒的に低い。その上、街ではセレブが夜な夜な遊び明かしている光景に象徴される、治安の良さ。世界中の富裕層がモナコをこぞって移住先に選ぶのには、こうしたワケがある。

「モナコ語=アイデンティティ」

Db04cd2f73e08560bfd232a8df792f8a153e420e

モナコの隣国で、税金が高いフランスの国民にとって、モナコは理想の場所。実際両国には密接な関係があり、モナコの公用語もフランス語だ。そして驚くべきことは、モナコ国内でモナコ国籍を持った人は3割にも満たないという人口構成。

こうした、自分の国にいてもなぜか周りは外国人ばかり、という不思議な環境にいるモナコ市民たちにとって、公用語ではない「モナコ語」を話せることは、国民としてのアイデンティティ維持に大きな意味を持つのだとか。

もちろん、これはモナコ人と結婚したり、居住権を10年間維持し続けたらモナコ国籍を取得できる外国人にとっても、モナコに溶け込むために、有効な手段にもなるという。つまりモナコ語を話せるだけで・・・


日本ではデューク更家氏や中田英寿氏、クルム伊達公子氏が居住権を持つことで有名だが、世界のセレブが集結する「別世界」に、一度は足を踏みたいものだ・・・。

失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼...
サザンクイーンズランド大学の准教授Warren Midgley氏が、オーストラリアの子供達が学ぶべき言語を話者数、ビジネス、旅行、貿易などの面から考察。実...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
二つの言語を自在に操るバイリンガル。せめて英語くらいは…と努力を重ねる人も多いはず。このバイリンガルになることで、なんと認知症を防いだり、高収入を得られた...
早稲田大学政治経済学部4年の松井鈴果さんは、ワシントンDCにあるAmerican Universityへの留学後、そのまま「宗教」をテーマに世界一周をし、...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
どれだけ日本語が達者な外国人でも、話しをすると独特のイントネーションがあることに気づく。いわゆる“お国なまり”は、発音のクセや抑揚に現れてくるものだ。まさ...