セレブと一般人の「差」を、カラダを張って伝えるコメディアン

モデルや女優など、憧れの人の服装や髪型をお手本にして、「理想の自分像」に近づこうとする女性は世に多くいるはず。

でも、ですね。

美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコいいシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カラダを張って表現。美しいセレブ達の“決めポーズ”をマネした彼女のやりすぎ感が、妙に笑いをそそる!

理想と「現実」の
高すぎる壁

雰囲気はわかる……。ような気がするけれど、そのTシャツは(笑)。

走行中だから、そうなるよね。

やっていることは同じなのに、どうしてなんだ!

ああっ!?

見ているコチラが、グッと力が入ってしまう。

足の長さが明らかに違う。セクシーというより男らしいかも?

家にあるモノでは、これが限界なのか…。

やりたかったことはわかる。

後ろにいる子どもの顔が…。

それは、そうなるよね〜。

セレブと一般人の暮らしの差が極端すぎる!

いくらなんでもやりすぎでしょ(笑)。と、言いたくなるくらい根本的に何かが違う気がする。確かに、セレブがやるとクールに見えるポーズでも、一般人がやると全く違うというのが現実なのかもしれない。

でも、ここまで「美しさ」に差があると、むしろ清々しい気分にならない?

Licensed material used with permission by Celeste Barber(Instagram), (Facebook)
他の記事を見る
何らかのコンプレックスを抱えていて自分に自信が持てない女性たちを勇気づけたい、そんな思いから、イギリスのファッションブランドがカラダに様々な特徴を持つ女性...
Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうもの...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
肉割れ線、大きなお腹、重たい下半身など、女性たちには多くの悩みがあります。そこで、男性でありながら女性たちのコンプレックスを描いて共有する、「PROJEC...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
“親しさ“と“からだ”と“わたしだけの空間”と“女性らしさ”。
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
今年、ロサンゼルスのショッピングセンター「サンタ・モニカ・プレイス」に、スーパーモデルのTyra Banksが手がけるテーマパークがオープン予定。その名も...
Chessie Kingさんは24歳のスタイルブロガー。Instagramにも自身のショットを投稿しています。完璧なプロポーションの写真が並ぶ中、Ches...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
世の中には自分の体型を気にする女性がたくさんいます。ブロガーであるJamie JeTaimeは、世の中的には「デブ」と言われる体型。だけど、彼女のポジティ...
ドイツで活躍している25歳のモデル、イルカ・ブリュールさんは、生まれてすぐ気道の病気を患い、10回にわたる手術を繰り返してきました。その影響で、目元や、鼻...
このむちっと具合、どう?
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...