大っ嫌いな「自分のカラダ」が、ちょっと愛おしくなるイラスト

自分のカラダに100%満足している女性なんていないと思います。他の人にとっては気にならなくても、周りと比べて劣等感を抱いてしまうことも。

イラストレーターのAntonio Páramoは、男性でありながら女性たちのコンプレックスを描いて共有するPROJECT BOOBS」を立ち上げました。自分が欠点に思う部分を彼にドローイングしてもらうことで、多くの女性が勇気付けられたのです。

コンプレックスを共有する女性たち

大きなお尻と、デコボコの肉割れ線。

女だって毛深くて悩むことも。

重く垂れ下がった大きな胸。

左右の胸の大きさが違うから、ぴったり合うブラジャーがない。

普通の人よりも離れたおっぱい。

ジーンズを履くと、いつもパツパツになってしまう。

下半身だけずっしり。

小さな胸と、たくさんのホクロ。

不自然に目立つカラダの斑点。

お尻にある2つのホクロ。自分にとっては大きな悩み。

はっきりとした妊娠線。

お気に入りの下着からは、お尻のお肉がはみでる。

僕が、いろんなカラダの悩みをもつモデルを描くのは、女性たちがいつもと違う視点でコンプレックスと向き合えるようにしたいから。欠点と感じるところも自分の一部だし、誇りに思うことが大事。

 

それと、男性たちにも伝えたいことがある。女性たちのカラダを性的対象として見るだけではなく、一人ひとりに敬意をもってほしい。

Antonio自身も太っていることを悩み苦しんでいた時期があったそう。気持ちがわかるからこそ、力になりたいと言っています。彼の元には、多くの女性から「自分のカラダを前よりも好きになれた」という声が集まっているようです。

誰かに見られないように隠すのではなく、少しずつでも自信をもつことが大切なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Antonio Páramo
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうもの...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...
何らかのコンプレックスを抱えていて自分に自信が持てない女性たちを勇気づけたい、そんな思いから、イギリスのファッションブランドがカラダに様々な特徴を持つ女性...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
世の中には自分の体型を気にする女性がたくさんいます。ブロガーであるJamie JeTaimeは、世の中的には「デブ」と言われる体型。だけど、彼女のポジティ...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
急激な体型の変化により皮膚が伸ばされることで、肌の表面にできてしまう「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹や太もも、おしりなどに、ひび割れのような...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
たくましい体躯だけが男性の魅力ではないけれど、やっぱりスタイルはいいに越したことはない。ところが男性の理想の体型って、この150年間を比較してみると、こん...
愛は美しい、というイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?得るのは困難なのに、失うのは簡単。人を狂わせ、時には死へ追いやることすらあります。ここで...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
これから、どんどん紅葉の美しさを楽しめる季節になっていくんだろうなぁ。そう思っていた時に、秋を感じるイラストを見つけました。フィンランド出身のMia Mi...
韓国人イラストレーターHyocheon Jeong(@poetic.persona)さんの描く世界観に、甘酸っぱい想いを抱かずにはいられません。お互いを大...