【イラスト12枚】女性の抜け毛「原因と対策」

一般的に「抜け毛」と聞くと、男性特有の悩みのように思えます…が、女性にだってそのリスクはあるようです。

Little Things」にライターAngel Chang氏がまとめたのは、女性の抜け毛の「原因と対策」について。記事によると、普段当たり前のように使っている“アレ”が、後々大惨事を招くことになるかも?まずは、主な原因を認識することから始めましょう。

【抜け毛の原因】
01.
免疫力が低下すると…

0008_Layer-Comp-98-600x600

脱毛症は、免疫力が低下しているときに発生すると言われています。体が細胞を自身の一部であると認識できないことが主な原因。頭皮が白癬などに感染した場合は、結果として部分的に髪が抜けてしまうことに…。

02.
ホルモンバランスの変化

0005_Layer-Comp-610-600x600

時には、ホルモンバランスの変化や乱れにより、一時的に髪が抜けることがあります。多くの女性は、妊娠中や出産間近に髪が薄くなる体験をしているのだとか。

その他には閉経や貧血、血液中の赤血球の減少により髪が抜けることがあるようです。甲状腺がホルモンレベルに影響があることも覚えておいてください。甲状腺に異常がみられる場合は、それが薄毛の原因である可能性があります。

03.
薬の副作用としても

0004_Layer-Comp-510-600x600

服用している薬が原因になることもあるようです。「Mayo Clinic」によれば、関節炎や心臓疾患、高血圧などの治療に使われる薬が、薄毛を招く可能性があるのだとか。

04.
男女問わず主な原因
遺伝

0011_Layer-Comp-124-600x600

男性でも女性でも、抜け毛の理由の多くは「遺伝」によるもの。生え際の後退や薄毛などは、患者のすべての世代で見受けられるようです。

実は、いつ頃に髪が少なくなるか、どのぐらいのペースで、どのぐらいの量が抜けるかは遺伝子で決まっているのだそう。

05.
理想のヘアスタイルを
求めた結果…

0010_Layer-Comp-114-600x600

あまり髪を引っ張り、きつく結ばないようにしてください。どうやら、「牽引性脱毛症」のリスクが高まるようです。また、トリートメントのしすぎも避けてください。炎症を起こし、瘢痕化する可能性があります。

皮膚科を専門とするWendy Roberts医師は、髪染めやヘアアイロンはなるべく使わないほうがよいと言います。これらによって、永久的なダメージがあり、毛嚢が破壊されてしまうことがある模様。

06.
身体的、精神的なショック

0009_Layer-Comp-107-600x600

病気や遺伝以外でも、抜け毛が起こる原因はあります。たとえば、身体的や精神的にショックを受けている場合。一方、場合によっては抜け毛がきっかけとなり、体重減少や病気など、他の症状が出てくる場合も。

【抜け毛の対策】
01.
「ビオチン」を摂取

0007_Layer-Comp-89-600x600

いくつかのナチュラルな方法で抜け毛や薄毛を防ぐ方法があるそうです。たとえば、食生活。葉酸や鉄分、ビタミンBを含む食べ物を意識的に食べるようにしましょう。

中でも、よく知られているのは「ビオチン」です。ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB7と呼ばれることも。ビオチンが多く含まれている食材は卵や赤身の肉、バナナ、濃い緑の野菜、さついまいもなど。ビオチンのサプリメントを飲むのもいいかもしれません。

02.
「ホホバオイル」をすり込む

0003_Layer-Comp-410-600x600

ホホバという植物から生成されたホホバオイル。ビタミンEやビタミンB、シリコン、亜鉛などのミネラルが含まれており、菌やバクテリアと戦ってくれるのだそう。

さらにホホバオイルは髪を成長させる物質も含んでいる模様。少量を頭皮と髪に、もしくは気になるところに直接すり込んでみてください。

03.
日に一杯のハーブティーを

0000_Layer-Comp-111-600x600

多くのハーブが、髪の健康と成長に役立つことで知られています。ペパーミントティーは頭皮の皮脂を分泌させる手助けをし、ふけを防ぐ。また、ローズマリーは毛嚢を強くする成分を持ち、抜け毛と戦ってくれるのだそう。

04.
とにかく、あなたの
髪をいたわる

0001_Layer-Comp-211-600x600

まず、髪のために最初にすべきことは、優しく扱ってあげるということ。私たちは気付いていないかもしれませんが、時に優しくないことをしまっているようです。

髪をとかすときには、傷みやすい髪を傷つけないように優しくとかしましょう。また、ドライヤーやカールアイロンも頻繁に使わず、ヘアスプレーやジェルを使っている場合は、乾いた後にブラシをかけないように。

硬くなった髪は傷つきやすいため、髪が濡れているときに、大きなブラシで優しく髪をとかすようにしてください。熱を加えることは必要最低限に留めましょう。

05.
マッサージで
血液循環を促す

0002_Layer-Comp-311-600x600

体内や頭皮の酸素の巡りや血液循環がしっかりと行われていることも重要。血液循環を促す簡単な方法は、鉄分を十分に摂取することです。頭皮にも血液が巡り、それによって髪が成長し毛嚢が健康になるでしょう。また、アロエのジェルを使って、頭皮をマッサージすることも効果的と言われています。

06.
カットでボリュームを出す

0006_Layer-Comp-710-600x600

次に髪を切りに行くときには、レイヤーを入れてみてください。そして、美容師さんに自分の髪をボリュームアップさせるにはどうしたらいいか相談してみてください。

Licensed material used with permission by Little Things

女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
口内炎がよくできて困るーーそんなあなたには「Little Things」がまとめた原因と対策が参考になるかもしれません。注意しておくべきもの、意外とたくさ...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
若いうちから白髪に悩んでいた、「LittleThings」のライターILEANA PAULES-BROさんは、原因には大きく分けて5つあると説明しています...
A型女性に共通する性格と、よくありがちな特徴について、主な12項目を列記しています。A型女性の長所や短所をしっかりと理解したうえで、スムーズな人間関係を築...
声が小さいことで損をしたり、コンプレックスに感じている人は多いことでしょう。声が小さいことには大きく分けて身体的な要因と、精神的な要因とがあります。声が小...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
これから、どんどん紅葉の美しさを楽しめる季節になっていくんだろうなぁ。そう思っていた時に、秋を感じるイラストを見つけました。フィンランド出身のMia Mi...
ポルトガルのデザイナー、David Zandman氏の作品「2 Kinds of People」は、人々の行動を2種類に分けて表現したもの。それぞれのイラ...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
そろそろ夏も終わりですが、季節の変わり目には「偏頭痛」に悩まされる人が多いといいます。デスクワークも多く、スマホやタブレットと対峙する時間も長く、なにかと...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...