妻への誕生日プレゼントは、制作期間1ヶ月「愛のイラスト」

こちらにズラリと並んだイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻であるAdrienneへのバースディプレゼントだということ。

制作時間は、シンプルなものだと2〜3時間。手の込んだものだと9〜10時間にも及んだのだとか。隅々まで丁寧に描き込まれたイラスト。妻への愛情を垣間見ることができて、とっても微笑ましいのだ。

#1 
海賊の戦利品

A35787e46ba1745a74d3b1514181382469a6ffdc

これは、僕が初めて描いたワイフのイラストなんだ。背景をどうするか決められなかったので、キャラクターだけなんだけどね。

#2 
ミニチュアな朝

8c86fc6e8ec2a800c6665568356cf9f89c5c0ab2

ワイフをミニチュアにしたらどんな朝を迎えるのかを想像してみたんだ。彼女なら、コーヒーに浸って、自分の身体と同じ大きさの菓子パンを頰張るのは間違いないよ。

#3 
最高のヒロイン

82f605f9319352b8caa28990556a5a5f948b5b05

ワイフは、SFの大ファン。James Cameronの映画「エイリアン」を愛しているんだ。主人公のRipleyは、彼女のお気に入りのキャラクターなんだよ。エイリアンと闘う姿を描いたら、絶対、喜ぶと思ったんだ

#4 
スーパーシークレットスパイ

2119d805c1394e500803a981a78aeb6ce9dd27c8

ワイフが大好きなゲーム『Number Munchers』をモチーフにしたんだ。彼女は、凄腕のスパイとして登場するんだよ。まさに、古いフロッピーディスクでデータを盗む瞬間なんだ。

#5
最大の恐怖

9a8c48dd1ceefd0a8b22ba7a1b53e14fbb9fce10

ワイフは、物凄くヘビが嫌いなんだ。これは、彼女にとっては、悪夢そのものだね。

#6
猫の大好き

D138fccaa6ae7326e993d07f5017a45862c86699

ワイフが大好きなのは、猫。西洋には、こんな言い伝えがある。女性が男性と真剣に向き合っていないと、老後はたくさんの猫に囲まれて孤独に暮らすことになる。僕と結婚しても、猫を可愛がることを止めないのから、ちょっと皮肉な方法でからかってみたんだ(笑)。

#7
チョコレート吸血鬼

6fe9e978d8609467e6381597b39c670edc60db24

もし、ワイフがどんなモンスターにでもなれるのだとしたら、吸血鬼さ。犠牲者になるのは、チョコレートだけだけどね。

#8
風変わりなダンサー

Be20dcc7946dc2ad90133704ad3225ea327e4177

ワイフは、ダンスを愛しているんだ。そこで、からかい半分で、馬鹿馬鹿しいウェアを着させてみたんだ。しかも、ブレークダンスをするためのウォームアップ中っていうコンセプトでね(笑)。

#9
ワイフはフランス人

2df7526051da71ce49021cc617014a839713553d

バゲットとワインを小脇に抱えて、ベレー帽を被ってスクーターを運転している。ワイフがフランス人だったら、こんな感じかなって。

#10
西部劇に登場する女性

792dea0ada3155e33260bc58a2d17da26f70bffe

彼女は、ガンマンを心配している役柄。撃ち合いが終わった直後に、酒場から飛び出してきた瞬間なんだ。どっちが勝ったかまだ分からない。心配そうな表情でしょ?

#11
ドラゴンを退治する者

7a96efdbd01173112ab55587f61f3bc225734cfa

ワイフは、SFだけじゃなくファンタジーの大ファンでもあるんだ。だから、ドラゴンとの壮絶な闘いの末、勝利する姿を描いてみたのさ。

Benは、妻の絵を描いている間、とても楽しい時間を過ごしたようだ。限られた時間で多くのイラストを完成させるというタスクをこなして、イラストレーターとして腕も上がったとのこと。Adrienneにとってみれば、それがイチバンの贈り物だったかも知れないよね。

Licensed material used with permission by Ben Pannell
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
パートナーや家族への愛に溢れる、結婚生活。本当は苦に感じることだって、家族だからこそ耐えられることもありますよね。では、お互いの価値観が合わずに離婚してし...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
もじゃもじゃのカーリーヘアの悩み多きな女子がキャラクター。一見派手なヘアスタイルにには様々な問題が…。そんな彼女の心のつぶやきを描いたイラストが、Inst...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
愛を確かめるように、やさしく触れ合うふたり。好きであればあるほど、相手に近づきたくなるものです。男女の濃厚な空気感を描いたイラストは、どこか官能的で目をそ...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
僕の場合、考えた末に出たのがこの答えでした(笑)。
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...