SF映画に登場しそうな「超・高性能マスク」が誕生!だけど......

中国やインドなどでの人為的な大気汚染が問題となるなか、大きな被害を出したオーストラリアでの大規模森林火災など災害を理由とする大気汚染も国際的な議論の対象となっている。

そんななか、先日開催された世界の最新技術が集う見本市「CES 2020」で発表された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」が、我々の健康を維持する新しいソリューションとして注目を集めている。

環境問題の解決を目的としたテクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された同製品。スタイリッシュな外見を持つこのガジェットは、通常のマスクの50倍もの効果をもつという高性能フィルターに通された洗浄済みの空気をマスク内に送り込んでくれるという。

魅力的に思えるこの製品だが、$350(約38,000円)という価格設定から「大気が汚染された地域で生活する貧しい人のことを考えていない!」との批判も寄せられているのだとか。

© Aō Air/YouTube
Top image: © iStock.com/venusvi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事