イラストレーター

どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
特別な理由はないのに、なんだかいつも不安になってしまう...。ポーランド人のイラストレーター兼グラフィックデザイナーAgata Bobaさんもそんな悩みを...
ロンドン在住のMaxwell Tilseさん(23歳・男性)は、いま旅の真っ最中。各地で作品を売りながら、ヨーロッパをまわっています。描かれた風景は、どれ...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
サンフランシスコのグラフィックデザイナー・Brian Pollett氏は、毎日種類の違うドラッグを摂取し、1日1つずつ作品を描いていったそう。それぞれの化...
メディアなどでよく使われるようになった「フェミニスト」という言葉。私たちも普段から何気なく使っているかもしれませんが、説明してみて、と言われたらどうでしょ...
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
新作をアップすればたちどころに買い手がつく、売れっ子イラストレーターPing Lin。もともと絵本の挿絵を専門に描いていたが、芽が出ず廃業。それがちょっぴ...
全知全能にして未知なる「神様」。その姿は、人によって様々なイメージを抱くかもしれないし、もしかしたら「姿すらない」と語る人もいるでしょう。今回紹介する「C...
ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていた...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
「もしも、猫と人間の役割が入れ替わったら?」飼い主の猫Steveと、ペットの人間Manfriedの織り成す日常を描いたマンガ「Manfried the M...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
続々新作を更新しているDavid Zandman氏の作品「2 Kinds of People」を改めて紹介します。人々の行動に表れるちょっとしたクセが、2...
コーヒーの味も香りも大好きで、目の前にあるだけで癒される。でも、いくら好きでも服やテーブルクロスの上にこぼしちゃった時はブルーな気持ちになってしまう。だか...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...