【斬新】子どもたちの「神様イメージ」を絵にしてみたら、予想のナナメ上だった

全知全能にして未知なる「神様」。その姿は、人によって様々なイメージを抱くかもしれないし、もしかしたら「姿すらない」と語る人もいるでしょう。

今回紹介する「Cut」の動画は、子どもたちに「自分の想像する神様」について話を聞き、イラストレーターが描き起こすという企画。

自由で無邪気かつ、新鮮味あふれる発想は思わず笑えて、ほっこりしますよ。

まず…神様について
知っていることはある?

「うーん、地球を作って、人間も作った」

「雲のうえにいる人で、ちょっとシンプソンズみたいな…」

「彼は目に見えないの」

「カエルだよ」

次々に飛び出してくる自由な発想に、イラストレーターたちもにっこり。

神様の存在を信じてる?

「まさか〜」

「私は信じてるわ」「私も」

小さい子は信じていても、やはり大きい子のなかには懐疑的な子も。ある男の子は逆にイラストレーターに質問を投げかけました。

「君はどうなの?」

「う~ん、何か人智を超えた力みたいなものは信じてるかな」

「エッ?どういう意味?」

「神様自体が存在するかどうかはわからないってことさ。でも無神論者じゃない。いないって確信してるわけじゃないからね」

…ちょっと難しかったみたいです(笑)。

じゃあ顔から描いてみよう!

「まるいボタンみたいな鼻なの」

 「頭が2つあって…」

 「みんな神様っていうと『彼』っていうと思うんだけど。だから男の人かな」

 「私みたいな顔。あ、やっぱり隣の子みたいな顔〜」

 「体がカエルで、頭がライオンなんだ」

「じゃあ髪の毛はどんな感じ?」 

モヒカンみたいな

「こんな?」

「おぉ~っ、それそれ!いいねぇ!」

「神様は女かもってことはある?」

「無いね」

「あり得るんじゃ無い?」

「もし天国に行ったらそんなこと言ったの後悔するよ~」

 

「神様は何も履いてないと思う」

「下には何も?」

「うん、何も」

裸んぼじゃなくっちゃ

 

「神様は精神だから服がいるかどうかわからないな」

「彼に陰部はあるの?つまりその…わかるでしょ?僕らみたいに(笑)」

「ウンウン」

「大きい?」

「うん」

(爆笑)

子ども達は描いてもらうことを楽しみ始めてる感じもします。イラストレーターとのやりとりも可愛らしい。

「あぁ~僕らなんてことしちゃったんだろう?きっと今頃、神様怒ってるよ。神様ごめんなさい~!(笑)」

「羽をつけてるの?じゃあ羽の先に手をつけて」

「あぁ、羽が手ってこと?」

「手も持ってるんだけど羽と混ざってるみたいな感じ」

「このデーモンは悪者なんだ」

「神様はデーモンと戦うの?」

「そう」

「デーモンたちはどんな見た目?」

「火星からきて、地球にまっすぐ降りてくるの。クチバシがあって、尖った歯があって、触手もある」

「ジーザスは六角形なの

「六角形!?」

「目はひとつ」

「どこに住んでるの?」

「アジア」

 

「みんな何かの形でちょっと神様と関係してるのよ、だってみんな神様から来てるんだから」

「なるほど、いいね。つまり僕らはみんな家族みたいなもんだってことだ。みんな…」

神様と血縁だからね」

「これが神様だ」
みんなのイメージ、完成

バスローブを着て、ポケットには歯ブラシと小さなホイッスルが入ったカジュアルな神様。このホイッスルでキリストを呼ぶそうです。

大きな手で宇宙のすべてを支配しようとする神様。ボタンのようにまるい鼻が特徴です。

無神論者の彼は、ひとりの神様にすべての異なる宗教のイメージが入るようにしたんだとか。

羽根と手が一体化した、女性的にも見える神様。なぜか左手にホットドッグを握っています。

頭がライオン、体がカエルの、架空の生き物の姿をした神秘的な神様。火星からやってくるデーモンと戦います。

頭がふたつ。片方がモヒカン頭の男らしい神様ですが、囁くような声なんだそう。後ろの群衆は「裸の国へようこそ」と書かれたプレートを持っています。

「グッジョブ〜」
自分の神様に、みんな満足

「できた!」「グッジョブ〜」「かっこいいね」などの言葉が飛び出し、みんな出来栄えには満足の様子。個人的には動物の組み合わさったイメージなど、人型じゃないものが出てきたのが意外でした。

大人になると、神様像はもう少し似通ってきてしまうのではないでしょうか。率直な感情表現や縛られない発想がたっぷり詰まって、いつまでもまっさらな気持ちで想像をふくらませられる人でありたいな、と思わせてくれる動画でした。

Licensed material used with permission by Cut
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
「神様なんていない」。そんな風に思っている人でも、一度「弥彦村(やひこむら)」を訪れたら、考えが変わってしまうかもしれない。壮大な自然に囲まれていて、そこ...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
「EMPTY Photo Project」に参加するのは、子どもをなくした経験のある人たち。そこでは彼らが体験した苦悩が綴られています。
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
信じる宗教によって、考え方や行動は異なるものです。その差を否定的に捉えることなく、付き合っていくのは難しいことかもしれません。ここで紹介するのは、「違う2...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
この4種類をデスクに常備しています。
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
CTスキャンやMRIでの検査は小さい子どもには怖く感じられるもの。彼らの苦痛を軽減すべく、GEヘルスケアーが検査室を改造。部屋や器具は海や空のテーマで装飾...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...