鏡が写し出すのは、亡くなった子どもに対する「喪失感」

流産や死産を経験した人がどれくらいの苦悩を抱えているのか、ということを伝えるプロジェクトは、SNSの普及によって、頻繁に耳目に触れるようになりました。一般的な目的は、苦しみや辛さを分かってもらいたいというもの。

これから紹介する「EMPTY Photo Project」も同じ趣旨ですが、これを始めたSusana Butterworthさんの気持ちを汲み取れば、その一歩先までも考えてほしい。自分がどれだけ幸せな存在なのか?といった具合に。

僕たちの会話が増えれば
彼女たちの穴は埋まっていく

前述の通り、Susanaさんのプロジェクトに登場するのは、子どもをなくした経験のある人たち。その想いの一部を紹介します。

B4b6efd5782d0ab44302f2cf6bf0a390c745822d

「夫と私は、ある日、お腹の赤ちゃんがどれくらい元気なのかを知るために病院へ向かいました。とてもワクワクしてた、予想外の知らせを聞くまではね…。ドクターは、私たちに鼓動が確認できない、と言ったんです」

0166352a91060dadfaf0505f9961a675cd4df1af

「どれだけ苦しんだか。自分を非難したし、人生で一番落ち込んだし、もうボロボロだった」

0e2625261bf1a262f49e4b79073fc843dcd42d22

「神様を何度も恨んだわ。なんで私なの?どうして息子が?何か悪いことをした?って」

3f70b21d5eda30d2c223f0d39030c11a2dd1c7ed

「君が教えてくれたんだ。人生は思い通りにいかない」

E43be22aa264c681bc9e1300f983d468410d3925

「あなたがいたから、違う苦しみに耐えられる自分になれたの。短い人生でも、大きなことを果たしてくれたわ」

78d1ec8921a9c6b2f6bfec5b1de47517bed148bb

「失ったものはかなり大きい。私のお母さんは、自分のことを責めていたわ。そんな経験をしなきゃいけない体に産んで、ごめんなさいって。おばあちゃんも同じ。

でもね、悲しんでくれる人がいるというのは、それだけ愛されているのよ」

抱えている鏡は、もうお気づきの通り、悲しみや苦しみによってぽっかりと空いてしまった心を表しています。

Susanaさんは喪失感を理解してもらうのと同時に、「このプロジェクトをきっかけに何かしらの会話をしてほしい」と語ります。なぜなら、自分の子どもが亡くなったときに、他の人にそうしてもらうことが心の支えになったから。そう、彼女もまた死産を経験した1人でした。

空虚感を持つ人たちの胸の穴を埋めてあげられる方法は、理解してあげるだけでなく、「どれだけ大変なのか」や「いかに幸せなのか」を僕たちが話すことにあるようです。

ちなみに、Susanaさんは、今でも同じ経験をしたことのある人の想いを募集しているとのこと。

Licensed material used with permission by EMPTY Photo Project
妊娠しているとお腹が大きくて生活に不自由したりと大変なことがたくさん。自分の妊婦体験をインスタグラムでクレイティブに表現しているのはMaya Vorder...
妊婦はもちろん、パートナーや助産師を含めたその場の雰囲気を撮る、それがバースフォトグラファーだと語るKatieさん。ここでは、たくましい助産師にフォーカス...
考えてみれば当然のことですが、ふつう妊婦さんはうつぶせになれませんよね。臨月までお腹はどんどん大きくなっていくので、寝るときは横になっても仰向けになっても...
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
もうすぐ赤ちゃんが生まれる。そうなったら、オムツの準備が必要です。でも予定より早く、小さく、生まれた赤ちゃんは、オムツを選ぶのもひと苦労。小さなサイズを探...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
生まれつき耳が聞こえないCharlyちゃんは、ある日補聴器を付けて、初めて「音」や「声」を聞くことに。「こんにちわ」「愛しているわ」というお母さんの呼びか...
夢マニアなら、「夢での出来事とは現実で起こりえることの予測ではない」なんて常識。「Elite Daily」のライターAnnakeara Stinsonさん...
「ICU Grandpa」、ICUのおじいちゃんと呼ばれているDavidさんは、今年でICUに勤めて12年目のベテラン。家族と一緒にいられない赤ちゃんのケ...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
子どもにとってお母さんは、最初に心を許した人、そして初めて出来た友だち。あなたの成長も、夢も、失敗も、全部近くで見てきたお母さん。あなたの一番のファンで、...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
2児の母であるManon de Jongさんのやさしいイラストを眺めていたら、たまらなく“愛しい感情”が蘇ってきた。ああ、なんだか懐かしくて、愛しい。自分...