「お母さんがいてくれてよかった」とあらためて思う、7つの瞬間。

ねえ、昆布ってどのコーナーにあるの?

そんな他愛もない質問に真剣に答えてくれる唯一の存在が「お母さん」。何かあったらすぐはなしを聞いてもらいたくなる存在が「お母さん」。

そんな、お母さんを欲する瞬間をまとめたAlani Vargasさんの記事を読んでいると、やっぱりいくつになってもお母さんって偉大だよなあ、とか思ったんです。

01.
人生のアドバイスをくれたとき

言わずもがな、あなたを育て上げたお母さんほど的確なアドバイスをくれる人は、この世に存在しないでしょう。あなたのいちばんの理解者であるお母さんは、親しい人の中で絶対的に頼りがいのある存在。

シリアスな恋の相談でも、「パスタかチキンどっちにしよう?」なんて単なる夜ごはんの相談でも、お母さんに聞けば間違いありません。

人生は、突然、変化球を投げてきます。ときには選択肢の多さに圧倒されることがあるかもしれません。そんなときは、あなたのことを真剣に、でも冷静に考えてくれるお母さんという存在を、ぞんぶんに頼って!

02.
「大丈夫だよ」と言ってくれたとき

生きていれば、たくさん傷つきます。ひょっとしたら、絶対裏切らないと思っていた親友に(もしくは親友だと思っていた人に)だって傷つけられることがあるかもしれません。

そういうこころの痛みを抱えたときこそ、お母さんの存在が頼りになります。お母さんは、あなたがすぐ元気になる励まし方を熟知しています。
もしかすると、お母さんの「大丈夫だよ」という一言だけで、人生のどん底から這い上がってこれるのかもしれませんね。

03.
こころにぽっかり空いた穴を
埋めてくれたとき

失恋は大きな痛みをともなうもの。こういう痛みって、ひとりではどうしようもできないですよね。そんなときに声を聴きたくなるのも、またお母さんだと思うんです。

お母さんの肩を借りて泣くことはできなくても、アドバイスを聞くだけで、きっと、こころにぽっかり空いた穴が少しは埋まるはず。お母さんのあたまのなかは知識の宝庫。TPOに合わせて、知恵をさずけてくれるのは確かです。

悩みのはけ口とも言えるお母さんの存在は、たとえるなら心のクッション。

04.
包み隠さず
本音を言い合えたとき

「いま付き合っている恋人とは、早めに別れたほうがいいじゃない?」とか、「健康的な食生活を心がけなさい」とか、あらゆるアドバイスって、友だちよりお母さんに言われると数倍説得力がありますよね。

いいことも悪いことも、いろんな経験を積んできた彼女だからこそ、人生の先輩として、説得力のあるアドバイスができるのでしょう。
それだけではなくて、切っても切れない強い絆で結ばれている相手だからこそ、容赦なく辛辣な発言ができるんだと思うんです。

「ブラのサイズ、ひとつ上げたほうがいいんじゃない?」なんて余計なお節介も、言えちゃうのはお母さんだから。

05.
人には聞けない疑問に
答えてくれたとき

正直なところ、私は社会人になってから、わからないことが増えました。たとえば「コーヒー1杯つくるのに、コーヒー豆はどれくらい必要?」とか、「インスタントフードはレンジで何分温めればいいの?」とか、「洗濯するときに使うのは水なの?お湯なの?」とか「税金ってどうやって支払えばいいの?」とかとか。

私のような疑問を抱えている人ってたくさんいると思うんです。どんなにしっかり者だとしても、きっとわからないことの一つや二つ、あるはず。

アラサーの人だって、シャツについたシミの取り方をお母さんに聞いたりしてるんじゃない?

06.
心地よい距離感を保ちつつ
しっかり、アドバイスもくれたとき

大学に入ってから、私はお母さんにいちいち「許可を取る」のをやめました。なぜなら、自分で考えて行動できるようにならなきゃ、と思ったから。
お母さんは、そんな私の想いを尊重してくれたし、心地良い距離感を保ってくれました。わたしのやりたい放題やらせてくれたんです。

とは言っても、アドバイスをもらうことはたくさんありましたけどね。だって、あそこまで的を得たアドバイスをくれる人なんて(それもタダで!)そういないですから。

07.
思いっきり甘えさせてくれたとき

認めたくないんですが、わたしはとことん甘えるタイプ。たくましくて自立心旺盛な女性ではありますが、実家に帰ったときは、お母さんにコーヒーを淹れてもらうのが好きですからね(たとえそれに文句をたらそうとね)。

と言うか、どれだけしっかりしている人でも、こころの底では誰かに面倒を見てもらえたらなー、と思っているはず。

 

Licensed material used with permission by Elite Daily
離れて暮らすお母さんと、絆を維持する方法5選。「いつでもあなたを想っていますよ、忘れてませんよ」と、行動で伝えましょう。
「お姉さんですか?」これまでお母さんと出かけた時、何度かそう聞かれたことがあった。お母さんは照れ臭そうに「違います」と言っていたけど、私は「姉妹に見える」...
子どもにとってお母さんは、最初に心を許した人、そして初めて出来た友だち。あなたの成長も、夢も、失敗も、全部近くで見てきたお母さん。あなたの一番のファンで、...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
母親を題材にした素敵な記事を紹介します。「お母さんがあなたに決して言わなかった10のこと」。いま、一児の母となったライターNatasha Craigさんが...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
2児の母であるManon de Jongさんのやさしいイラストを眺めていたら、たまらなく“愛しい感情”が蘇ってきた。ああ、なんだか懐かしくて、愛しい。自分...
「恋人に母性を求めてしまう」なんて話はよく聞きますが、誰にとっても「お母さん」は特別な存在。いつもそばにいてくれて、誰よりも理解してくれて、なんでも受け入...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
10代の頃、親の話をきちんと聞かなかった経験は誰にでもあると思います。夢見がちで、両親の話が退屈に聞こえていたのかもしれません。でも20代になって人生経験...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
旅には、人生が凝縮されています。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
食事への集中を妨げる主要因となっているスマートフォンを手放し、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」。
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
「猫の手も借りたい…」これは、小さい子どもを世話するお母さんなら、一度は口にする言葉。でもどうしてでしょうか?Esther Andersonさんが、娘のE...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
何歳でも、人生は新しくはじまります。
次何が起こるか予測できないのが「人生」。思いがけず職を失ったり、愛する人との別れが訪れたり。うまくいかないことが続く時もあるでしょうが、それを「チャンスに...