トルドー首相に、どうしても我が子を会わせたかった理由

現地時間15日にカルガリーを訪れたカナダのジャスティン・トルドー首相。多くの人が出迎える中、一際彼の到着を喜んでいる家族がいました。両親に抱きかかえられて待っていたのは、この春生まれたばかりの男の子。この出会いは、彼らに共通するある事が引き合わせたものだったのです。

待ちに待った恩人との対面

写真はトルドー氏専属のカメラマンであるAdam Scottiさんが撮影したもの。首相の到着を待ちくたびれて疲れてしまったんでしょうね、このときジャスティン君はうたた寝をしていたそうです。なのにどうでしょう、なんだか表情が嬉しそうに見えませんか。

ところで、ジャスティン君がこうしてメディアに取り上げられ話題となるのは、今回が初めてではありません。2人のジャスティン・トルドーを結びつける運命がここに。

ジャスティン君家族は昨年、内戦中のシリアから難民としてカナダへと逃れて来ました。平和な暮らしをようやく手に入れられたのも、難民を受け入れ続ける姿勢を崩さなかったトルドー首相のおかげだとご両親。こうして、生まれたばかりの男の子に「トルドー」と、入国を受け入れてくれた“恩人”の名前をつけたのでした。

運命の巡り合わせとは、こういうことなのでしょうか。このとき、彼らの間でどんな会話がされていたかはわかりませんが、きっと両親はトルドー首相になんらかのお礼を伝えていたに違いありません。「Tronto Star」には、こんな夫婦のコメントが。

「多くの難民に手を差し伸べ、いま私たちがこうしていられるのも首相のおかげ。心から感謝しています」

2015年の就任以来、政府発表によると現在までにカナダが受け入れてきたシリア難民の数は4万人以上にのぼるといいます。助けを必要とする人たち、難民たちにオープンな姿勢を崩さない、それが、“もう一人のジャスティン”が出した答えだということも、知っておいてほしいと思うのです。

Reference:Tronto Star
Licensed material used with permission by Adam Scotti
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
先日、イスラエル政府は、侵入者を管理する監査官の求人広告を出しました。それは難民を見つけ出し、取り調べをし、必要に応じて捕まえるというもの。選考された人に...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
生まれつき耳が聞こえないCharlyちゃんは、ある日補聴器を付けて、初めて「音」や「声」を聞くことに。「こんにちわ」「愛しているわ」というお母さんの呼びか...
「お姉さんですか?」これまでお母さんと出かけた時、何度かそう聞かれたことがあった。お母さんは照れ臭そうに「違います」と言っていたけど、私は「姉妹に見える」...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
離れて暮らすお母さんと、絆を維持する方法5選。「いつでもあなたを想っていますよ、忘れてませんよ」と、行動で伝えましょう。
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
2017年10月、シリアの観光ビザがおりたChristian Lindgrenさんは、10日間だけ同国で旅をしました。行った先は、ダマスカス、アレッポ、ホ...