フィンランドに「史上最年少34歳の女性首相」が誕生

フィンランドでは現職において世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏(34歳)が就任する見通しとなり、全世界から注目が集まっている。

マリン氏は12日に開催されるEU首脳会議に併せて国会で承認される予定。フィンランドはマリン氏が所属する「社会民主党」が国会第1党で、ほかの4党と連立政権を組んでいる。来年夏の社会民主党の党首にマリン氏が就任すれば、5党の党首が全員女性ということに。

歴代3人目にして最年少の女性首相が誕生しつつあるフィンランドと歴代男性の首相しかいない日本。どちらがいいという話ではないが、多様性という点ではフィンランドが進んでいるといえそうだ。

新首相が率いるフィンランドから目が離せない。

Top image: © Thierry Monasse/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事