フィンランドに「史上最年少34歳の女性首相」が誕生

フィンランドでは現職において世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏(34歳)が就任する見通しとなり、全世界から注目が集まっている。

マリン氏は12日に開催されるEU首脳会議に併せて国会で承認される予定。フィンランドはマリン氏が所属する「社会民主党」が国会第1党で、ほかの4党と連立政権を組んでいる。来年夏の社会民主党の党首にマリン氏が就任すれば、5党の党首が全員女性ということに。

歴代3人目にして最年少の女性首相が誕生しつつあるフィンランドと歴代男性の首相しかいない日本。どちらがいいという話ではないが、多様性という点ではフィンランドが進んでいるといえそうだ。

新首相が率いるフィンランドから目が離せない。

Top image: © Thierry Monasse/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ギリシャで初となる女性大統領が誕生する。選出されたのは、エカテリニ・サケラプルロ氏。政治の要職に就く女性がほとんどいない、という現内閣への批判も当選の後押...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
4月10日、アラブ首長国連邦(UAE)の副大統領兼首相のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏は、「ムハンマド・ビン・ラシード(MBR)宇宙セ...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
11月21日と22日の2日間、リアルなフィンランドの夏休みを体験できるイベント「Happy Day in Finland」が開催。
10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
フィンランドの生活協同組合「HOK-Elanto」とバス会社「Savonlinja」が共同で企画。バスを利用するお客さんに感染症対策をきちんとしていること...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
フィンランドが、EU市民へ“最後のプレゼント”として「AIの基礎を学べるオンラインコース」を無料で提供すると発表。
2021年欧州グリーン首都に認定されているフィンランドのラハティ市が、世界初の「スキーシェアリング」事業を開始。交通手段としてスキー板を無料で貸し出す。
フィンランドのアイスホッケーリーグ「SMリーガ」は、新型コロナウイルスの影響を受けて、ビデオゲーム「NHL 20」を使用してプレイオフを開催すること決定。...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
フィンランドは2年連続で幸福度ランキング世界一位に輝いています。フィンランドへ何度も行くようになって、フィンランドが地球で一番しあわせな国である理由がすこ...
今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...