フィンランドが「AIの基礎」を学べる無料コースを提供。EU市民の1%にAIの知識を!

今年末までEU議長国を務めるフィンランドは、EU市民へ“最後のプレゼント”として、AIの基礎を学べるオンラインコースを無料で提供すると発表した。

オンラインコース「Elements of AI」は、ヘルシンキ大学とフィンランドのIT企業「リアクター社」が開発。年齢や学歴に関わらず、誰もがAIの基礎について学べる内容になっている。

6つのセクションから構成され、所要時間は1セクションあたり5時間~10時間ほど。英語を含むEUの公用語すべてに翻訳され、言葉を理解できれば日本からも受講が可能だ。期間は2020年から2021年まで。

もともと「Elements of AI」は「フィンランドの人口1%にAIの知識を」をモットーに2018年に初めて無料提供されたもの。この目標はたった数ヵ月で達成され、いまや110ヵ国を超える22万人以上がコースに登録しており、年齢も20歳から75歳までと幅広い。経営者から保育・介護関係、医療関係、求職中の人々など、さまざまな人が受講している。

プロジェクトの実施について、当時の雇用大臣ティモ・ハラッカ氏はこう述べた。

「EU市民の誰もが、年齢や学歴に関わらず、生涯教育を継続的に受ける機会が与えられるべきです。フィンランドがEU議長国の任務を終える今、実体のある明確なものを贈りたいと思いました」

さすがはフィンランド。国連の「世界幸福度報告」で2年連続トップに立つ背景には、こうしたものの考え方がある。

Top image: © iStock.com/peeterv
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープン。ここは、そもそもゴミを出さない“ゼロ・ウェイスト”にこだわるレ...
フィンランドのさまざなプロダクトを集約した類稀なるデザイン展 「WILD AT HEART」が今月12日(月)まで「駐日フィンランド大使館」敷地内のパビリ...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
「AI」が食事のアドバイスをし、生涯収入をアップさせるという世界初のサービス「WorkUp AI(ワークアップAI)」がスタートした。専用アプリを入れたP...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。