フィンランドが「AIの基礎」を学べる無料コースを提供。EU市民の1%にAIの知識を!

今年末までEU議長国を務めるフィンランドは、EU市民へ“最後のプレゼント”として、AIの基礎を学べるオンラインコースを無料で提供すると発表した。

オンラインコース「Elements of AI」は、ヘルシンキ大学とフィンランドのIT企業「リアクター社」が開発。年齢や学歴に関わらず、誰もがAIの基礎について学べる内容になっている。

6つのセクションから構成され、所要時間は1セクションあたり5時間~10時間ほど。英語を含むEUの公用語すべてに翻訳され、言葉を理解できれば日本からも受講が可能だ。期間は2020年から2021年まで。

もともと「Elements of AI」は「フィンランドの人口1%にAIの知識を」をモットーに2018年に初めて無料提供されたもの。この目標はたった数ヵ月で達成され、いまや110ヵ国を超える22万人以上がコースに登録しており、年齢も20歳から75歳までと幅広い。経営者から保育・介護関係、医療関係、求職中の人々など、さまざまな人が受講している。

プロジェクトの実施について、当時の雇用大臣ティモ・ハラッカ氏はこう述べた。

「EU市民の誰もが、年齢や学歴に関わらず、生涯教育を継続的に受ける機会が与えられるべきです。フィンランドがEU議長国の任務を終える今、実体のある明確なものを贈りたいと思いました」

さすがはフィンランド。国連の「世界幸福度報告」で2年連続トップに立つ背景には、こうしたものの考え方がある。

Top image: © iStock.com/peeterv
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事