フィンランドが「AIの基礎」を学べる無料コースを提供。EU市民の1%にAIの知識を!

今年末までEU議長国を務めるフィンランドは、EU市民へ“最後のプレゼント”として、AIの基礎を学べるオンラインコースを無料で提供すると発表した。

オンラインコース「Elements of AI」は、ヘルシンキ大学とフィンランドのIT企業「リアクター社」が開発。年齢や学歴に関わらず、誰もがAIの基礎について学べる内容になっている。

6つのセクションから構成され、所要時間は1セクションあたり5時間~10時間ほど。英語を含むEUの公用語すべてに翻訳され、言葉を理解できれば日本からも受講が可能だ。期間は2020年から2021年まで。

もともと「Elements of AI」は「フィンランドの人口1%にAIの知識を」をモットーに2018年に初めて無料提供されたもの。この目標はたった数ヵ月で達成され、いまや110ヵ国を超える22万人以上がコースに登録しており、年齢も20歳から75歳までと幅広い。経営者から保育・介護関係、医療関係、求職中の人々など、さまざまな人が受講している。

プロジェクトの実施について、当時の雇用大臣ティモ・ハラッカ氏はこう述べた。

「EU市民の誰もが、年齢や学歴に関わらず、生涯教育を継続的に受ける機会が与えられるべきです。フィンランドがEU議長国の任務を終える今、実体のある明確なものを贈りたいと思いました」

さすがはフィンランド。国連の「世界幸福度報告」で2年連続トップに立つ背景には、こうしたものの考え方がある。

Top image: © iStock.com/peeterv
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...