内閣の半数を「女性」に指名したカナダの新首相、その理由が・・・男前すぎる!

10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問に対し、たった一言で“らしさ”を表現。新内閣のカラーを示してみせた。

この組閣でトルドー首相は、自身を除く新内閣30人のうち、男性15人、女性15人と同数を登用。均等にバランスが取れた組閣は、カナダの歴史上初めてのことだと「The Gurdian」が指摘する。
ここで紹介する動画は、女性記者からの質問で始まり、それに答えるトルドー首相の一場面だ。

「この組閣からも首相が男女平等を重要視されていることがよく分かります。では、なぜこれほどまでに“男女平等”を重要視した組閣となったのでしょうか?」

すると、トルドー首相は肩をすくめ、たった3ワードでこう返して見せた。

「Because it's 2015!(だって、もう2015年じゃないか!)」

ユーモアを交えた彼の力強いメッセージに、支持者や記者団からも大きな歓声が上がった。

43歳の新リーダー
“らしさ”を発揮

canadasnewcabinet00025404650_Medium

新首相がこだわったのはジェンダーだけではない。後に続く彼のスピーチにあるように、今回の組閣はカナダ全国から、多様なバックボーンを持った議員に声をかけたようだ。先住民族出身者や障がいをもった人、カナダへ移民としてやってきた人などを積極的に起用。世代間のバランスも考えられている。

先の選挙戦勝利演説の場で「真の変化をもたらす」と約束したトルドー首相。彼は16年首相を務めた故ピエール・トルドーの長男で、いわゆる二世議員だ。2013年自由党の党首に就任後も、偉大な父と比較され「かわいい坊や」と、対抗勢力から揶揄されてきた事実を「IBTimes」が伝えている。

これまでの内閣にない“らしさ”を出し、時代の変化を予感させた新リーダー。真の実力発揮はここからだ。

Reference:The Gurdian , IBTimesFrederic Bisson

 

フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
ギリシャで初となる女性大統領が誕生する。選出されたのは、エカテリニ・サケラプルロ氏。政治の要職に就く女性がほとんどいない、という現内閣への批判も当選の後押...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...