内閣の半数を「女性」に指名したカナダの新首相、その理由が・・・男前すぎる!

10年ぶりの政権交代を果たし、カナダの新リーダーとなったジャスティン・トルドー首相。2015年11月4日に行われた新内閣発足の発表会見の席で記者からの質問に対し、たった一言で“らしさ”を表現。新内閣のカラーを示してみせた。

この組閣でトルドー首相は、自身を除く新内閣30人のうち、男性15人、女性15人と同数を登用。均等にバランスが取れた組閣は、カナダの歴史上初めてのことだと「The Gurdian」が指摘する。
ここで紹介する動画は、女性記者からの質問で始まり、それに答えるトルドー首相の一場面だ。

「この組閣からも首相が男女平等を重要視されていることがよく分かります。では、なぜこれほどまでに“男女平等”を重要視した組閣となったのでしょうか?」

すると、トルドー首相は肩をすくめ、たった3ワードでこう返して見せた。

「Because it's 2015!(だって、もう2015年じゃないか!)」

ユーモアを交えた彼の力強いメッセージに、支持者や記者団からも大きな歓声が上がった。

43歳の新リーダー
“らしさ”を発揮

canadasnewcabinet00025404650_Medium

新首相がこだわったのはジェンダーだけではない。後に続く彼のスピーチにあるように、今回の組閣はカナダ全国から、多様なバックボーンを持った議員に声をかけたようだ。先住民族出身者や障がいをもった人、カナダへ移民としてやってきた人などを積極的に起用。世代間のバランスも考えられている。

先の選挙戦勝利演説の場で「真の変化をもたらす」と約束したトルドー首相。彼は16年首相を務めた故ピエール・トルドーの長男で、いわゆる二世議員だ。2013年自由党の党首に就任後も、偉大な父と比較され「かわいい坊や」と、対抗勢力から揶揄されてきた事実を「IBTimes」が伝えている。

これまでの内閣にない“らしさ”を出し、時代の変化を予感させた新リーダー。真の実力発揮はここからだ。

Reference:The Gurdian , IBTimesFrederic Bisson

 

両親がシリアから内戦を逃れるためにカナダへ来たのは去年。その後生まれた赤ちゃんに、トルドー首相への感謝の気持ちを込めて「ジャスティン・トルドー」と名付けま...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
「成功も失敗も終わりではない。肝心なのは続ける勇気だ」                 ーウィンストン・チャーチル「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダ...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。この機能を...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...