デンマークの「世界一セクシーな政治家」は、現役女子大生!

ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。

過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の人々が驚いた。

目のやり場に困る
「美人政治家」って?

開放的すぎませんか!

コペンハーゲン大学の現役女子大生でもある彼女の美貌はまるでハリウッドセレブ、いやそれ以上かもしれない。

米国で「プレイボーイ」誌などに取り上げられ、今や世界的な有名人に。その他の刺激的すぎる写真の数々は、目のやり場に困ってしまう。

徐々にそのセクシー度が上がっていったという彼女の投稿には、国民どころか世界中の人々から注目が集まった。

もちろん「政治家」という肩書きから彼女の行動には賛否両論の意見があるようだが、それにしてもインスタグラムアカウントのフォロー数(119,000人!)は驚異的。

実際のところ、選挙によって選ばれた政治家ではなく、保守党を支持する支部のメンバーとして会議などに参加しているという彼女だが、デンマークでは“セクシーな政治家”として、人気と知名度を誇っているという。

Reference:The University Post,Reddit.
Licensed material used with permission by Nikita Klaestrup( Facebook,Instagram)

「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。この機能を...