「神道は、セクシーである」。大和言葉のフシギな世界

みなさんは「神道」という言葉に、どのようなイメージを持つでしょうか?

ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するという異色の経歴の持ち主、シシドヒロユキさんの著書『シン・ヤマトコトバ学』では、「神道」について様々な視点で解説がされています。

著者が紡ぎ出す風変わりな言葉や例えの数々だけではなく、「大和言葉」や「日本文化」を研究し尽くしたシシドさんだからこそ導き出したユニークな説明は必見です。

気品とセクシーに
彩られている「神道」

C2c7f9f8c27598966020bfacb56189f05139e6b0

「神道とはどんな世界ですか」と問われるならば、私(著者)は「気品があってセクシーな世界です」と答えます。

セクシーという外来語は、性的に魅力的なことを意味しますが、神道は間違いなくセクシーです。いわゆる性的魅力のセクシーさだけではなく、気品があるのです。神社のお祭りに欠かせない、お神酒、お供えの食べ物、装束、雅楽など、どこから見ても気品とセクシーさに彩られているではありませんか。

「神道」はヤマトコトバで「かむながらのみち」と読みます。神様のお暮らしぶりをそのままに受け継ぎ歩んでゆく道、という意味です。神道には人々が和合し、子孫繁栄を祈る風習があり、人々の暮らしが豊かになるように神様のマネをする、というコンセプトがあります。

ご存知の方も多いと思いますが「古事記」の神話は、極めてセクシーです。イザナギ・イザナミの「みとのまぐわい」から次々と島が生まれていく天地創世の物語は「マグワイ=目があうこと」から始まります。初対面のときに胸のどこかがジーンとする「ひとめぼれ」は、究極のマグワイとも言えるでしょう。

アマテラスが高天原にある洞窟、天岩戸を閉じて「刺しこもりましき」と引きこもりになってしまい、高天原も葦原中つ国(日本の国土のこと)も真っ暗になってしまったときは、アメノウズメがステージの上で「胸乳を掛き出て」神がかりのストリップを演じ、八百万の神が大笑いをしてアマテラスを引っ張り出すことができました。

美男でプレイボーイの誉れ高きオオクニヌシは、縁結びの出雲大社に祀られ、今でも若い女性の参拝客が途絶えません。そもそも神社に参拝するということ自体が、母胎回帰をして生まれ変わるということのメタファーでもありますので、セクシーとは切っても切れないわけなのです。

神社の構造と
女性器のメタファー

44772c2d993164eff926b24270faef7745ce3718

神道は汎神教(世界のすべての事象は神の活動によるものであり、すべてのものに神仏が宿るとする宗教)でもあります。大地も天も神様の一部です。大地はガイア、大地母神でもあります。世界の原始宗教には、女性の肉体への信仰が共通してみられますが、神道にもみられることです。

これは修験道(山伏の修行)にも共通しますが、山籠りや神社への参拝は、生きながら生まれ変わりをするための儀式となり、胎内回帰と見立てることができます。

ここで代表的な神社の構造と女性の肉体の見立てをご紹介します。まず神社の後ろにそびえる山は卵巣です。本殿は子宮、鎮守の森はアンダーヘアーです。参道は赤子が産まれてくるお産の道の「産道」に見立てられます。こうして私たちは、神社をお参りすることで新しい命のフレッシュネスを得るのです。

他にも日本の伝統文化には性のメタファーが隠されています。モチをつく杵と臼は男性器と女性器に見立てられますし、大相撲の力士は、妊婦のメタファーです。四股名に山や風がつくのは大自然の威力の象徴だからこそ。大銀杏(おおいちょう)は、女性と男性のヘアスタイルの習合ですね。陰と陽の両方が、ひとつのデザインに集約されているのです。

ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するシシドヒロユキさんの著書『シン・ヤマトコトバ学』(光文社新書)は、漢字が伝来される前よりあった日本のネ...
誰もが知ってるような昔話の数々には、じつはルーツがあり、話の裏に隠された本当の意味がある——。ノマド(遊牧民)神主でありラッパーとしても活躍するシシドヒロ...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう...
年始に初詣するところ。霊的な何かを感じるパワースポット。受験や縁結びの神頼みをするところ。大抵の人が考える神社とはそんな場所だろう。しかし、神社の本質はそ...
近年「パワースポット」として注目され、山ガール、釣りガールに続き「御朱印ガール」が登場するほど神社ブームが過熱している。しかしそんな神社ブームが来るはるか...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
ハワイに長く暮らしてきて、僕はハワイ語のすばらしさを実感しています。言葉一つひとつに意味が込められいて、感慨深いものばかり。そのなかから、元気が湧いてくる...
予想外の出来事に出くわしたとき、何が起きているのかわからず全身がピタッと一瞬だけ止まるような感覚。Percolate Galacticによる、思いもよらぬ...
2015年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さん。彼には人の話、本やテレビで感銘を受けた言葉、自ら思いついた言葉を「腹中有書」と題した備忘録に書き留...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
坂東眞理子さんの著書『すべては書くことから始まる』では、日本人が日頃から使っている「あいまいな言葉・表現」について、彼女なりの解釈が書かれています。「あい...
オードリー・ヘップバーンは、生涯を通してたくさんの人々に愛情を注ぎ、また多くの人々から愛されました。大女優でありながら献身的な心を忘れなかった彼女の行動は...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
一日の始まりとなる「朝」は、その日の流れを左右する大切な時間。だからこそ、ポジティブで元気になれる言葉に触れたいものです。ひすいこたろうさんの著書『人生が...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...