わたしたちが、きっと死ぬまで「ほしい」もの

 

脳の病気をわずらっているパンダが、獣医師に身体をなでられ、あたたかな眼差しを注がれる姿を見て、ジェーン・バーキンは言ったそうです。

 

 

穏やかね。この子はラッキーね。
こうやって触ってもらって、
彼のありのままを愛してくれる人がいるなんて。
これ以上何を望むというのかしら。

誰だって誰かにこうやって触ってほしいのよ。


              『ジェーン・バーキンの言葉』より /
著:山口路子(大和書房)

 

たとえば恋愛において、「ふれたい」だとか「ふれられたい」なんていうことはよく聞くけれど。そういった感情をこえて「人肌に触っている、触られている」ことについて、初めて考えました。

どんな言葉よりも


だれかの手によってこの世に生まれ出て、初めてお母さんの手に抱かれて、頭をやさしくなでられながら眠りに落ちて。そっと触ってくれる、温かくて、角のないやわらかな手は、ときにどんな言葉よりも大きな力を持って、その愛を伝えてくれるでしょう。

わたしたちは、大人になればなるほど、そして生を終えるその瞬間まで、そんなふうにして温度を感じていたいものかもしれません。自分の足で歩けるようになるからこそ、ふと「静かに休ませてくれるような」手を、待ち望むのかもしれませんね。

 

『ジェーン・バーキンの言葉』著:山口路子(大和書房)
フレンチ・シックという言葉がぴったりな、世界中の女性の憧れである女優、歌手のジェーン・バーキン。高級バッグ・エルメス「バーキン」の生みの親であり、永遠のファッション・アイコンである彼女は、二十一歳で運命の男、セルジュ・ゲンズブールと出逢う。人生を思うままにスキャンダルに生き、結婚、出産、離婚、そして娘の死という悲劇をのりこえ、見事に美しく「変容」していく。五十代、六十代、年齢に抗うことなくノーメイクでしわを隠さない。「自然体で美しい人」の言葉とは。
何歳でも、人生は新しくはじまります。
「満たされていない」と思ったら、まず考えたいこと。
ある本を読んで、いま、わたしが思うこと。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
「優しい」「笑わせてくれる」そんなのは、当たり前。
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
  とても重要なことです。手術の前に必ず読んでください。   親愛なるお医者さまへ。  切るのは最小限にお願いします。虚栄心が強いと思われるでしょうけれど...
恋愛は、人を盲目にします。ひとつの恋が終わって初めて、大切なことを学ぶこともあるでしょう。「Elite Daily」のライターPaulaさんが寄稿している...
みなさんは「神道」という言葉に、どのようなイメージを持つでしょうか?ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するという異色の経歴の持ち主、シシドヒ...
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
アインシュタインの、人生に対する格言はたくさんあるけれど、今回は「I Heart Intelligence」より、恋愛についての言葉だけをご紹介します。天...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
自分で「選ぶ」ということ、「選ばない」ということ。