「別れ」の気配を感じたとき、女がしなければいけないこと。(ココ・シャネル)

 

 

愛する人に「別れ」を切り出されたら、

もしくは、切り出されそうな気配を感じたら。

あなたはどうする?

 

シャネルの「別れの美学」

 

晩年のココ・シャネルのもとには、多くの女性たちが恋愛相談に訪れたそう。アラン・ドロンとの恋に悩んでいた女優のロミー・シュナイダーもそのひとり。彼女が「最近、ほったらかしにされているみたい」と打ち明けると、シャネルはこう言いました。

 

 

愛の物語が

幕を閉じたときは、

そっと つまさき立って

抜け出すこと。

 

 

シャネルは、すぐさま「別れる」ことをすすめたんだって。気持ちの離れた恋人を追いかけること、それは女をみじめにするだけではなく、「自尊心」までも失ってしまう愚行だと彼女は考えていたから。

「引き際を美しく」

 

これは、恋愛が終わるとき、彼女が一番に意識していたこと。あらゆる検査の結果、自分は子どもが持てないとわかると、愛していたウェストミンスター公爵のもとから潔く立ち去ります。彼には、後継ぎが必要だったからです。シャネルは、彼がほしいものを手にいれることが、自分のなによりもの望みだと思っていたんですね。

そのとき、彼女はこんな言葉を残していました。

 

 

私はいつも、

いつ立ち去るべきかを

知っていた。

 

 

大好きな人とのお別れ、そんなのは悲しいに決まってる。自分の「幸せ」そのものだから。でも、本当に愛する人の気持ちは、やっぱりいつでも尊重したい。たとえばそれが、自分への愛の終わりだとしてもね。

でも簡単なことじゃない、くるしくてくるしくて、死んじゃいそうになるでしょう。それをぐっと飲み込み、愛を持ちながら去ることが、大きな「自尊心」に変わるのかもしれないな。

 

自分で「選ぶ」ということ、「選ばない」ということ。
誰もが知るフランスのファションブランド、シャネル。では、その旗艦店となるシャネル銀座ビルディングの屋上テラスに、期間限定カフェがオープンしていることをご存...
カリフォルニア州「The Gorilla Foundation」で暮らす雌のローランドゴリラのココ。彼女の44回目の誕生日を記念して、飼育スタッフは子ネコ...
子どもの頃、ドールハウスやバービー人形などで時が過ぎるの忘れて遊んだ、という人も多いのでは?デザイナーのPhillip Nuveenさんが作っているのは「...
恋愛に別れはつきものだなんて知っているけれど、実際に直面すれば、やっぱり胸が引き裂かれそうになる。多くの人たちが、過去にこんな痛みを乗り越えたのかと思うと...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
アメリカの研究によれば、別れを告げるときは、必要最低限の優しさ、且つストレートに言うのが、相手を傷つけるリスクが低いそうです。ここでは、言うべき具体例を含...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。
「別れる!」というのは簡単だけど、本当に口にして大丈夫?「Elite Daily」から、恋人に別れを切り出す前に、後悔しないために考えたい4つの点を紹介。...
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
どんな別れも、何かしらの痛みを伴うもの。「Elite Daily」のPaul Hudsonさんは、つらい恋愛経験を乗り越えて「13の貴重な学び」を得たと言...
失恋さえなければ、人生は随分とラクだと思うんです。でも、一度も失恋をせずに一生を終えることなんて、ほとんどの人ができない。だったらせめて、乗り越える術だけ...
付き合っている人と喧嘩をすることは、必ずしも悪いことではない。ただ、そのやり方が間違っていると、別れがきてしまうようなマズイ事になるのだけれど。今よりもっ...
「Elite Daily」のライターJulia Guerraさん。彼女が説いていた、失恋から立ち直るための小さなステップを紹介します。
あとではダメ、いま、叫ばなければ。
好きな子が遠くの町に引っ越してしまう。子どもの時に経験するお別れの中でも、甘酸っぱくていつまでも覚えている記憶です。お父さんの仕事の都合でカリフォルニアへ...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...