「別れ」の気配を感じたとき、女がしなければいけないこと。(ココ・シャネル)

 

 

愛する人に「別れ」を切り出されたら、

もしくは、切り出されそうな気配を感じたら。

あなたはどうする?

 

シャネルの「別れの美学」

 

晩年のココ・シャネルのもとには、多くの女性たちが恋愛相談に訪れたそう。アラン・ドロンとの恋に悩んでいた女優のロミー・シュナイダーもそのひとり。彼女が「最近、ほったらかしにされているみたい」と打ち明けると、シャネルはこう言いました。

 

 

愛の物語が

幕を閉じたときは、

そっと つまさき立って

抜け出すこと。

 

 

シャネルは、すぐさま「別れる」ことをすすめたんだって。気持ちの離れた恋人を追いかけること、それは女をみじめにするだけではなく、「自尊心」までも失ってしまう愚行だと彼女は考えていたから。

「引き際を美しく」

 

これは、恋愛が終わるとき、彼女が一番に意識していたこと。あらゆる検査の結果、自分は子どもが持てないとわかると、愛していたウェストミンスター公爵のもとから潔く立ち去ります。彼には、後継ぎが必要だったからです。シャネルは、彼がほしいものを手にいれることが、自分のなによりもの望みだと思っていたんですね。

そのとき、彼女はこんな言葉を残していました。

 

 

私はいつも、

いつ立ち去るべきかを

知っていた。

 

 

大好きな人とのお別れ、そんなのは悲しいに決まってる。自分の「幸せ」そのものだから。でも、本当に愛する人の気持ちは、やっぱりいつでも尊重したい。たとえばそれが、自分への愛の終わりだとしてもね。

でも簡単なことじゃない、くるしくてくるしくて、死んじゃいそうになるでしょう。それをぐっと飲み込み、愛を持ちながら去ることが、大きな「自尊心」に変わるのかもしれないな。

 

自分で「選ぶ」ということ、「選ばない」ということ。
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
誰もが知るフランスのファションブランド、シャネル。では、その旗艦店となるシャネル銀座ビルディングの屋上テラスに、期間限定カフェがオープンしていることをご存...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。