彼女が、手術室に運ばれながら訴えた切なる願い。

 

 

とても重要なことです。

手術の前に必ず読んでください。

 

 

 

親愛なるお医者さまへ。

 

 

切るのは最小限にお願いします。

虚栄心が強いと思われるでしょうけれど、大事なことなのです。

 

私は女だから、女であることが何よりも大切なのです。

 

どうか(うまく言えないけど)できるだけ上手に切ってください。

あなたにもお子さんがいらっしゃれば、

この切ない願いをきっとわかってくださいますね。

 

お願いします、きっと大丈夫ですよね!

 

マリリン・モンロー

 

私は女だから
女であることが 何よりも大切なの

 

走り書きの手紙は、虫垂炎になって手術室に運ばれた、マリリン・モンローのお腹に貼り付けられていました。26歳の彼女が、執刀するドクターに宛てて書いたのです。

「世界一、セクシー」と言われた彼女にとって大切なもの。それはある意味、命よりも「肉体」だったのかもしれません。

メッセージにある「(うまく言えないけど)」に、その溢れる思いがすべて集約されているように思うんです。

 

ゆずれないものって、なんだろう?

 

虚栄心が強いと思われたっていい、自分が本当にゆずれないもの。

マリリン・モンローにとってそれは「女であること」、そしてそれを証明する「肉体」でしたが、すがるような思いをしても守りたいものって、現代に生きるすべての女の子にもきっとあるでしょう。

大事なものを守ろうとすると、みっともなくなったり、我をわすれてしまったり、ときには、醜い姿をさらしてしまうこともあるかもしれません。でも、わたしたちはある意味、その「大事なもの」に生かされているんだと思います。守り抜くことをおそれず、いつもちゃんと自分の手で、つかんでいたいですよね。

(それにしても、手術前で絶対つらいのに走り書きで手紙を書き切るって、なんて可愛らしいのでしょう。こういう女の子、わたしはとっても好きです。)

 

「マリリン・モンローは、決して相対性理論を説いたわけじゃない。でも、そのコトバは心に響くものばかり」。「YourTango」のライターRebecca Ja...
この動画の人物、誰に見えるでしょう? きっと、アルベルト・アインシュタインだと言う人が多いのではないでしょうか。でも、実はある条件によってマリリン・モンロ...
36歳の若さでこの世を去ったマリリン・モンロー。「セックスシンボル」として名高い彼女ですが、その魅力は“色気”だけではなく、発する“言葉”にもありました。...
1953年にアメリカで創刊されて以来、世界中で販売されている月刊雑誌『PLAYBOY』。その表紙を飾るのは、プレイメイトと呼ばれるセクシーな美女たちだ。あ...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
みなさんは「神道」という言葉に、どのようなイメージを持つでしょうか?ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するという異色の経歴の持ち主、シシドヒ...
ブルックリンのゴワナス地区にある「Gowanus Printing Lab」。ここは、“素人さんも歓迎”のシルクスクリーンプリント・スタジオだ。アンディ・...
ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するシシドヒロユキさんの著書『シン・ヤマトコトバ学』(光文社新書)は、漢字が伝来される前よりあった日本のネ...
歌い手のヘイリー・ラインハルトは、全米規模で行われているアイドルオーディション番組「アメリカン・アイドル」で話題になった女性。そのスモーキーな甘い声で唄う...
くすぶっている夢が胸のどこかにあるなら、それを自分で知っているなら、ずっと見ないふりなんて、できっこない。
人生最後に1つだけ願いが叶うとしたら何がいいか。アメリカで人生の最期をホスピスで送っていた女性の場合、地元の「ミルクシェイク」を飲むことでした。友人やレス...
フォトグラファーのAnna Pawletaが撮影するのは、出産直前から小さな命が誕生する感動の瞬間。今の自分が、幸せに暮らしていられるのは、お母さんが分娩...
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
NYに拠点を置くウェブメディア「YourTango」のライターLinda Perryさん。彼女の16歳になる娘は、物心ついたときからずっと「自分はブサイク...
わずか15歳で命を落とした彼女が残した『アンネの日記』には、過酷な生活のなかで、それでも彼女が夢を描いていたこと、恋をしていたこと、強い志を持っていたこと...
第一印象を大きく左右する顔のパーツと聞いて、「目」を思い浮かべる人は大勢いるはず。もちろんそれはそれで正なのですが、髪型やヒゲも十分なインパクトを与えるこ...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...