解説!なぜ、この画像が「マリリン・モンロー」に見えるのか?

この動画の人物、誰に見えるでしょう? きっと、アルベルト・アインシュタインだと言う人が多いのではないでしょうか。でも、実はある条件によってマリリン・モンローにも見えてしまうんです。

メガネをかけている人は外して見てください。視力のいい人は目を細めて見てみるか、下の画像をチェック。
画像が小さくなっていくにつれて…。

記事冒頭にある、サイエンス系YouTubeチャンネル「AsapSCIENCE」の動画では、この原理が詳しく解説されています。

ここで使用されているのは2種類の画像を掛けあわせた合成写真です。

85singo_スクリーンショット 2015-07-17 16.26.33

まず、モンローの画像にぼやけた加工を施します。

85singo_スクリーンショット 2015-07-17 16.03.56

一方、アインシュタインのものは、輪郭だけを抽出。

85singo_スクリーンショット 2015-07-17 16.04.08

この2つの画像を掛け合わせると、以下のような状態になります。

85singo_スクリーンショット 2015-07-17 16.04.19

人間の目は入ってくる情報を元に、何が写っているのかを認識しています。以下の画像では、細かな線がハッキリと見えているため、アインシュタインであることがわかります。

85singo_スクリーンショット 2015-07-17 16.04.35

情報の認識はそのコントラストによって、全体のバランスか、細かな線など細部に集中するかで変わるもの。
画像がアップで表示されている場合、髭の細かな違いや目元のシワまで細かく認識することが出来ます。しかし、これがだんだん遠ざかり、ぼやけていくと、口と鼻と髪型のバランスなど全体像を認識するため、モンローの顔に見えるというのが、カラクリです。

85singo_スクリーンショット 2015-07-17 16.22.34

もしもこれが「アインシュタイン」に見えたなら、少し目が疲れているのかも!

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE

「マリリン・モンローは、決して相対性理論を説いたわけじゃない。でも、そのコトバは心に響くものばかり」。「YourTango」のライターRebecca Ja...
「満たされていない」と思ったら、まず考えたいこと。
36歳の若さでこの世を去ったマリリン・モンロー。「セックスシンボル」として名高い彼女ですが、その魅力は“色気”だけではなく、発する“言葉”にもありました。...
2020年5月、ニューヨークにオープンする「The Makeup Museum」は、世界初のメイクアップをテーマにしたミュージアム。メイクアップの歴史を学...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...