2016年に訪れたいヨーロッパの町ベスト15はココだ!

ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果を言ってしまうならば、見事1位に輝いたのはクロアチアのとある町でした。

とはいえ、“アドリア海の真珠”と形容される、あの人気観光地ではありません。では一体、ベストに選ばれたのはどこだと思いますか?

まずは、15位から11位を
さらっと紹介!

15位
ニコシア(キプロス)

14位
マドリード(スペイン)

Photo by Bertl123/European Best Destinations

13位
ウィーン(オーストリア)

12位
ローマ(イタリア)

11位
プラハ(チェコ)

ここからトップ10!

10位
ミラノ(イタリア)

Photo by Catarina Belova/European Best Destinations

ローマ帝国西部の首都として発展して以来、ミラノは見どころに溢れ活気に満ちています。堂々と立つドゥオーモや博物館をぜひ見てください。イタリアで最もモダンで先進的な街の雰囲気に浸ってみませんか?

ミラノは、その気品とスタイル、エネルギーと国際的センスであなたを虜にするでしょう。デザインとファッションの発信地であるこの町では、あなたの好みがどのようなものであれ、ショッピングを満喫できるはずです。

9位
コトル(モンテネグロ)

Photo by Darko Vrcan/European Best Destinations

世界遺産の町コトルは、アドリア海の奥まった湾に位置する静かな町。自然と芸術、歴史に強い関心があるのなら、バロック風の町ぺラストや、岩礁の聖母島、そして古代ローマのモザイクが発見された地リサンへも足を伸ばしてみて。

8位
ブリュッセル(ベルギー)

Photo by S-F/European Best Destinations

ブリュッセルは、訪れるたびにその秘めたる魅力を見せてくれます。様々な人やスタイルを受け入れる伝統、シュルレアリスムとユーモアを帯びた創造、人との交流や楽しみを追求する生活など、素敵な発見があること間違いなし。

7位
ノヴィ・サド(セルビア)

市街地から田舎まで、信じられないほど豊かな旅ができるノヴィ・サド。ドナウ川の川辺にあり、ヨーロッパの歴史と伝統あふれるこの町は決して見逃せません。

6位
パリ(フランス)

Photo by S.Borisov/European Best Destinations

世界でも有数の名高い町の1つ。その名誉にあぐらをかくどころか、魅力を維持するべく、進化を続けています。

ここパリこそ、過去と未来の融合。見事なまでに均整の取れた町のつくりは、19世紀の君主や建築家が思い描いたかたちであり、21世紀のパリは未来を創り出す町なのです。国内を始め、世界中の旅行者が訪れたい夢の旅先、それがパリ。

5位
アゾレス諸島(ポルトガル)

Photo by Vicky SP/European Best Destinations

ポルトガルの自治区であるアゾレス諸島は、3つのエリアに分かれます。サンタ・マリアとサン・ミゲルからなる東部。テルセイラ、グラシオーラ、サン・ジョルジェ、ピコ、ファイアルのある中央部。フローレスとコルヴォの西部。群島として統合された島には、それぞれのアイデンティティがあります。驚くほどの自然に囲まれているのはどの島も同じ。しかし、その島独自の地形や伝統文化、料理、建築は様々です。

4位
ナント(フランス)

壮大なブルターニュ大公城を有するナントは、過去20年間でフランスのどこよりも変化を遂げた町。環境状態の向上を目指す町に贈られる「ヨーロッパ・グリーン・キャピタル2013」も受賞しました。活気に満ちたこの町には、あらゆる芸術が溶け込んでいます!

いよいよトップ3!

3位
プロヴディフ(ブルガリア)

ブルガリア南部に位置するプロヴディフは、文化や宗教、ワインやショッピングに関してはもってこいの旅先。この町はいつでも、ワクワクする表情を見せてくれます。 

8千年の歴史を持ち、ヨーロッパで継続的に人が居住する最古の都市。世界的には6位に入る古い街として知られているプロヴディフ。2019年には欧州文化首都に。

2位
アテネ(ギリシャ)

Photo by Anastasios71/European Best Destinations

街にそびえ立つアテネの象徴アクロポリスから、今人気のエリアや現代アートのギャラリーまで、過去と現在が混ざり合った魅力的な町。3,500年の歴史を持つギリシャの首都は、時代の波に乗り遅れないよう、常に都会的な進化を遂げています。

1位
ザダル(クロアチア)

「ヨーロピアン・ベスト・デスティネーション2016」はザダル!伝統とモダンが同居し、美しい海の見える町。海沿いを歩き、映画監督アルフレッド・ヒッチコックが「世界で一番美しい」と称えた夕日を眺めながら、「海のオルガン」の美しい音色を聞いてみて。

Licensed material used with permission by European Best Destinations
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
音楽やファッションは世代の差を感じますが、こと旅行先のセレクトに関して言えば、僕の両親はとてもセンスがいい。彼らが「○○はすごくいいところだったよ」と教え...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
“アドリア海の真珠”と謳われる、ドブロブニクの旧市街。クロアチアを訪れる観光客の最大の目的地がここだろう。でもここはイストリア半島西岸に位置する小さな漁港...