「20年もパパの看病をしてきたママへ」。ヨーロッパ20ヶ所の冒険旅行をプレゼント

母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約者のGregg Goodbrodさんと一緒に、母のCarlaさんをヨーロッパ20ヶ所への冒険旅行へ連れていってあげているそうです。そして、この「20」という数字にもちゃんと意味があるんです。

父を亡くして、
母は人生の迷子みたいだった

「脳卒中で倒れた父を、必死で看病し続けてきた母。24時間、週7日を20年も続けてきたんだ。でも昨年、とうとう父が亡くなった。

母は20年間、ずっと父の面倒を見てきたんだ。父がいなくなってしまい、どうしたらいいのか分からないみたいだった。きっと人生の迷子になってしまったんだと思う。

そこで僕は『これからの人生だって、もっと楽しいことがたくさんあるよ』ということを伝えたくて、こんな企画を始めたんだ。20年間、毎日頑張った母に、ヨーロッパ20ヶ所の旅をプレゼントしよう、てね」

自らを「Mama's Boy(マザコン)」と称するBartonさんですが、そこには、お母さんに対するリスペクトと感謝の気持ちがたくさん詰まっていたのです。

01.パリ

84ca75dc2650cfecd6a91e86b589630473df821b

彼方にそびえるエッフェル塔をバッグに微笑むふたり。なんだかとっても活き活きしていますね。

02.ディズニーランド

90cda91b4ebf4bbe64f37093bc9266a7cf5cf4c1

こちらは、パリにあるヨーロッパ唯一のディズニーリゾート。夢の国で童心に返るふたりの笑顔は、まるで子供のよう。

03.スイス

0c1be9025861bb5643365ead3897ea5e4e12806a

スイスでは、交易で栄えた古都「ルツェルンで」美しい街並みを鑑賞。

04.ロンドン

Cc0c5417522f2c47a515d39f4f5889060fb84a97

イギリスに来たら、やっぱりこれを食べなきゃね、とフィッシュ&チップスに舌鼓を打つCarlaさんとGreggさん。息子だけでなく、彼の婚約者とも仲良し。

05.タラクレー

Ef91d3f9c0de48d2b5f09137038ecb8fb11673f5

タラクレーは、ウェールズ北部の海岸沿いにある村。古びた灯台が醸し出す歴史の重みが、ふたりの背中にも人生を語らせるよう。

06.ウェールズ

21c2c67d68ebb68392736eae96dc6c7dabdd5f53

ダイナミックな城跡の前で記念写真。

07.ブダペスト

85dd9a6d77669602ca9a3037080f6c378b362d6b

ドナウ川河畔に位置するハンガリーの首都、ブダペスト。クリスマスマーケットに並ぶかわいいオーナメントを真剣に選んでいます。

08.プラハ

E4e45d5279f7fdca84619f2ba2e9ba1b62fe6794

伝統的な建築物が立ち並ぶ、チェコ共和国の首都プラハは、気温が氷点下だったそう。

09.ミュンヘン

9de8810748a260be36717d26c4979db78d48c5d0

そしてこちらは、ドイツ・バイエルン州の中心都市ミュンヘン。グロッケンシュピールと呼ばれる鐘を備えた「からくり時計」を見に来たところ。

そして3人の冒険は続く...

これらの旅行は、じつはまだ途中。今も母と息子とその婚約者の3人でヨーロッパを巡っているそう。

お父さんを看病して生きた20年、そして息子たちと巡る20ヶ国。その旅が終わるとき、お母さんの胸にどんな思いが来るのかはわかりませんが、ここまでの写真を見ていると、なんだか人生前向きになれそうな気がします。

もしもこれを読んでいるあなたが、しばらく実家に帰っていないとしたら…。20ヶ国を巡るのは無理でも、たまには両親を誘って温泉旅行なんて、いいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by The Little Girl From Kamas
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
オーストラリアに住むSarah Janeさんは、8歳の息子がいる一児の母親。かつては様々な場所を旅していたのですが、事故により歩くことができなくなってしま...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
ここで紹介するのは、先日「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」に掲載された、2016年に訪れたいヨーロッパの町ランキング。あえて先に結果...
10代の頃、親の話をきちんと聞かなかった経験は誰にでもあると思います。夢見がちで、両親の話が退屈に聞こえていたのかもしれません。でも20代になって人生経験...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
カフェで繰り広げられるガールズトーク、地元の友達と久々に会えば年収の話。正直言って子どもの頃は、自分がこんな代わり映えしない毎日を生きているなんて、思って...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...