「なぜ、私の大事な息子を笑うの?」母親の投稿に、何万人もの人が心を打たれた

イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenital melanocytic nevi(先天的メラニン母斑)」と呼ばれる肌の異常があり、顔も含めて身体中にホクロがあるのです。

どうしても、Erezくんには視線が集まってしまいます。ときには、嫌な思いをすることも。そんなとき、お母さんはこんな風に教えました。

「イヤな視線は無視しよう。そして、ポジティブなことに目を向けるの」

どうして、私の大事な息子を
笑うの?

8歳のErezくんも、お母さんの教えを守り、たとえ注目されたとしても、ポジティブに生きてきました。しかし先日、親子は余りに心ない言葉をかけられたそうです。

「ただただ、非情な言葉だったわ。その言葉を再現することなんてできないくらい、残酷なものだったの」

9baa2be01ed38303e05ea4b15ba89c2f4a9cb1f9

そしてRuthiさんは、Facebookにこう投稿しました。

「視線を集めてしまうことや、陰口を言われることには慣れているわ。私たちがどれほど統合教育や受け入れの話をしようとも、排除しようとする人はたくさんいるし、注目されてしまうの。ときには、それがポジティブなこともあるけど、意地悪な人がいるとき、私は本当につらい。どうして私の大事な息子を笑う人がいるのでしょうか」

投稿には、自分の顔にもたくさんのホクロを描いて、Erezくんと一緒に写った写真も添えて。

みんな、Erezの友だち

E595980de46c7d7edd107e82f07e092aa71ea6f3

Ruthiさんの投稿は68,000回の「いいね!」を集め、10,000シェアされました。そして、まったく知らない人までも、自分の顔にホクロを描いて投稿し始めたのです。

その後、Erezくんのために#friendsoferez(Erezの友達)というハッシュタグまででき、たくさんの人がホクロを描いた写真を投稿しています。Twiigyという、イスラエルの子ども番組向けエンターテイナーが賛同してくれたことも、大きな後押しとなりました。

心ない言葉をかけられて傷ついた親子は、たくさんの「友達」からの応援される存在になりました。ふたりのこんなに仲良しで楽しそうな笑顔を見たら、思わず応援したくなってしまいますね。

Licensed material used with permission by Ruthi Gaon
最愛の息子を2年前に亡くしたBecklyさん。辛い時期を支えてくれたパートナーと結婚。その式の日にやってきたのはなんと、息子の心臓を移植して生き長らえてい...
どんなに仲が良くても、隠し事のひとつやふたつはあるもの。一生隠しておいたほうが良いことだってあるかもしれない。けれど、その人が大切だからこそ、「自分を理解...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
自分自身が悩みを抱え込む時、友達との関係を、必要としています。もちろん、他者である友達も大事ですが、中でも大事なのは、“自分自身”という友達。人気動画シリ...
イギリスで三人の子どもを育てるRachelさんがFacebookに綴った投稿が、大きな話題を呼んでいます。内容は、次男に与えられた「皆勤賞」を断った理由で...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
ある事情で息子エメットのベビーシッターが見つからなくなったのは、シングルマザーのアシュトン・ロビンソン。止むを得ず、大学の講義を欠席するメール連絡を教授に...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
「Elite Daily」に母親と喧嘩することなく、恋愛相談をする方法が掲載されていた。読んでみると自分よりもずっと愛を知っている、一人の女性としてのアド...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
Rebecca HayesさんとDavid Wardさんは、息子Claytonさんが生まれたとき、恒例の「赤ちゃんと家族の記念写真」を撮影をしなかったそう...