2人だけのダンスパーティー。ガンと闘う女性の笑顔にグッとくる

ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなってしまうかもしれません。

でも、現在闘病中のAna-Alecia Ayalaさんはこう言います。

「ガンや化学療法をしてる人が落ち込まなきゃいけないなんて、誰が決めたの?」

病室で笑顔のダンス!

6e5bc3a5fca7b0bce1f78d305a21ee61c0af3992

32歳で一人娘の母親でもあるAnaは、珍しい腫瘍が子宮から卵巣、胃に広がり、2015年の12月から闘病中。しかし、化学療法が始まっても、彼女の心は明るいまま。

入院中の病室で、有名な「Juju on That Beat」という曲をもじって、「Juju on That Chemo(化学療法)」と銘打って友だちとダンスを披露。彼女の動画は、900万回近くも再生され、9万シェア、さらには4,000以上ものメッセージが投稿されました。

「3歳の娘と離れるのは
つらかったわ」

Instagramの投稿でも、いつも弾けるような笑顔を絶やさないAna。だけど、もちろん入院生活がつらくないわけではありません。

「入院治療の最初のころ、本当につらかった。一番つらいのは3歳の娘と離れて暮らさなきゃいけないこと。7月には、娘の誕生日パーティを病室でやったの。看護師たちもみんな病室に入ってきて、娘のために歌ってくれたわ」

自分の体の状態は、自分が一番よくわかっているもの。それでも彼女は、笑顔を絶やさないことに決めたのです。だからこそ、彼女の楽しそうなダンスは見る人の心を動かすのかもしれません。

「私たちはね、最後のひと笑いをしているの。ダンスパーティを一緒にしてくれるDanielleみたいな素晴らしい友だちがいることも、すごく助けになってる。ふたりで、世界に向けて『ダンスと笑いが最高の薬だ』ってことを見せてやるのよ。なんてったって私は『強いAna』だもの」

Licensed material used with permission by Ana-Alecia Ayala
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
ダンサー兼振付師として活躍するMarisa Hamamotoさん。誰でもダンスを楽しめるという考えのもと、車いすダンスの魅力を伝えようと、新しい取り組みを...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...
・このダンスには、愛が詰まっている。僕には5歳の娘がいるけれど、すぐに練習を始めるよ。・最高!こんなことが一緒にできるパパが欲しい!・パパから目が離せない...
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
今、ネットで話題となっている、ママが娘に送った「やってはいけないリスト」。内容は、誰もが教えてもらってきたようなものではなく、大人が受け取っても役立つよう...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「Elite Daily」に母親と喧嘩することなく、恋愛相談をする方法が掲載されていた。読んでみると自分よりもずっと愛を知っている、一人の女性としてのアド...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
雲の流れが速く「一日に一度は雨が降る」といわれるロンドン。雨に慣れっこな人々は、いちいち傘を持ち歩かなくたって、しばらく待てばすぐに雨が止む。こう考えてい...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
学校の授業でも必須科目になっているダンスですが、いま大人の習い事としても人気上昇中だとか。確かに、さりげなく踊れたら楽しいし、かっこいいですよね。でもそれ...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
ある兄妹のストーリーが話題となっています。兄の名はモハメッド、妹の名はノール。二人は、仲良く暮らしていました。しかし、ある土曜日の夜、モハメッドは妹のノー...
フランス在住のカナダ人フォトグラファーのCoco Amardeilは、娘のZhansayaちゃんをモデルに、「Crazy Mummy」というフォトプロジェ...
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
肺がんと闘う病床の母の願いを叶えてあげたい。娘Rosie SkripkunisさんはFacebookを利用し、自身のタイムラインに、いちるの望みを託してあ...
近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of...
「笑顔」は、相手に安心感を与えるだけでなく、見ている周りの人までもハッピーな気分にさせてくれます。ここでは、そんな「笑顔のチカラ」を感じられる5つの記事を...