NYのアーティストによる「バーチャルダンスパーティー」

インスタレーション「We Come In Peace」は、これからも進化を続けます。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdward Cuttingさんが手がけました。

たくさんのアーティストやデザイナーの身体を3D化して、仮想現実に反映。テーマは「バーチャルダンスパーティー」。

現段階では一定の動きしかしませんが、近いうちに人間の動きに関するデータを集めたAIを利用して、より自然なダンスを披露させるとのこと。これから“バーチャル”は注目のワードになるし、次のアップデートが楽しみ!

Top image: © 2019 Tin&Ed
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
6月20日、19歳のバーチャルモデル「Daisy Paige(デイジー・ペイジ)」が多くのセレブやインフルエンサーが所属するモデルエージェンシーと契約しました。
世界初の“ギャル”バーチャルインフルエンサー「葵プリズム(通称ぷり)」がファッションディレクターとしてデビュー。その初仕事はゲストを“ぷり風のギャル”にす...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。